トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

恐山大祭 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

夏といえば、とにかく暑くて外になんか出たくない!という日が続きますね。

そんな中で少しでも涼しくなろうと、
テレビ番組などでも怪談特集が組まれたりします。

では…そんな風に涼しくなれそうな名前のお祭りというのも、
興味が湧いてきませんか?

日本三大霊山である「恐山」で行われる、
恐山大祭というお祭りがあるんです。

osorezan

名前からして涼しくなれそう〜な恐山大祭は、
毎年夏と秋に2回行われています。

恐山大祭 2016年の日程

夏は7月にあり、2016年も例年通りに
7月20日〜24日で開催される予定です。

恐山はもともと天台宗の修験道場として活発な活動が行われていました。

その環境はまさに、地獄と極楽とが共存しているかのような風景だったとのこと。
乾いた風が吹き、硫黄のニオイが漂ってくる…
しかし、白い砂浜も見られたりと、その美しさも有名なんです。

そんな場所が日本にあるの?という感覚になりますが、
電車を使って行くことができるんですよ。

恐山大祭の交通アクセス

・青森駅〜青い森鉄道「野辺地駅」

・JR大湊線「下北駅」

・バスに乗り換え「恐山」で下車

この方法が一番手軽でしょう。

しかし、行程としては2時間ほどかかるので、
旅をするなら余裕をもって出かけたいところです。

また、バスの本数も少ないので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

恐山大祭の見どころ

さて、恐山大祭にでかけたら、イタコによる口寄せを見てみたいもの。
口寄せというのは、霊を呼び寄せて乗り移らせて、意思を伝達する儀式のこと。

青森のイタコさんなので、降りてきた霊も乗り移ったイタコさんの口調のまま、
津軽弁でお話しするそうですよ。

1泊2食付きのプランがあるときには、12000円でこの体験をできるそう。
大祭期間中は料金も変わるようなので、これについては詳細を確認する必要がります。

また、恐山には温泉も湧いています。
4つの温泉が湧いているので、時間がある方はゆっくり入ってみるのも良いですね。
これらの温泉は清めの温泉としても利用されているんですよ。

硫黄のニオイによってめまいが起きたりすることから、
霊現象が起こっているんじゃないか?という声もあるほど、
他の夏祭りとは違った雰囲気を味わえるのが恐山大祭のポイントです。

イタコさん自体の数は減少傾向にあるため、
口寄せなどの体験は非常に込み合う可能性があります。

日程や行動予定には余裕を持たせて、
常に早めの行動をするようにしていきたいところです。

夏だからこそ味わいたい、霊との交信…?
そんな貴重な体験は、恐山大祭で!

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top