トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

JR南武線の新駅「小田栄駅」とは?調べてみてわかったこと

スポンサードリンク

JR南武線の新駅「小田栄駅」が2016年3月26日に開業しました。
小田栄駅って・・・
そもそも何と読むの?
駅はどの辺にあるの?

わからないことだらけだったので、早速調べてみました。

「小田栄」駅はどこにある?

「小田栄」の読み方ですが、「おださかえ」です。
駅の場所はJR南武線の川崎新町駅と浜川崎駅の間にあり、
JR川崎駅までの電車での所有時間はおよそ15分です。

住所は、神奈川県川崎市川崎区小田栄1丁目9

odasakae
引用元:Yahoo!地図

JR東日本横浜支社管内で新駅ができるのは、
横浜線古淵駅以来28年ぶりだそうです。

「小田栄」ってどんな駅?

ちょっと驚いたのは、
「小田栄」駅は無人駅だということ。

以下は「小田栄」駅の動画です。

とても簡素な駅で、これなら無人でも仕方ないかと・・・

ちなみに、1日の乗降客数は3500人程を見込んでいるそうです。

「小田栄」駅が誕生した経緯

新駅を造るとなると、膨大な時間がかかるイメージがありますが、
計画そのものは意外と新しく、2015年1月29日だそうです。
駅の建設は、低コスト化・短工期化を目指していたためです。

新駅計画が持ち上がった理由は、人口の増加でした。
周辺地域はマンションや商業施設の建設がどんどん進み、
人口は10年前に比べ、何と400倍以上になっているそうです。

地元住民の多くはバスで川崎駅まで出ていましたが、
「小田栄」駅の誕生で電車を使えるようになります。

「小田栄」駅名はどうやって決まった?

駅名は地元住民を対象した投票で決まりました。
候補になったのは、以下の3つでした。
「小田栄」(おださかえ)
「小田川崎」(おだかわさき)
「小田弥栄」(おだやさか)

投票総数1,125票中889票を集めた
「小田栄」に決まりました。

「小田栄」駅の交通の便は?

小田栄駅から東京駅に行く場合、

小田栄→尻手→川崎→東京

所要時間は38分です。

ただ地元の住民の中には、
「小田栄」駅を利用しないという人もいるようです。

南武線はラッシュ時でも1時間に4本程度、
その他の時間帯は1時間に2本程度、
運行本数が少なく、川崎駅に直結していないため、
バスで川崎駅に行った方が利便性が高いという訳です。

ということで、28年ぶりの新駅「小田栄」について
調べたことを紹介してみました。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top