トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

小倉祇園太鼓 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

夏になると全国各地でお祭りが開催されます。

その数は数えきれないほどありますが、中でも特に熱気にあふれているのが、
九州・福岡で行われる「小倉祇園太鼓」ではないでしょうか。

oguragion

福岡には他にも博多祇園山笠と呼ばれるお祭りもありますが、
それと並んで有名であり、夏の暑さと人々の熱さを
ひしひしと感じられるお祭りなんです。

小倉祇園太鼓 2016年の日程

そんな小倉祇園太鼓は、毎年7月の第3金曜日〜日曜日に行われています。
2016年は7月15日(金)〜17日(日)となる予定です。

この3日間で、それぞれ行われる行事が決まっています。

○7月15日(金)

・宵祇園

夕方から、山車にひかれた太鼓の演奏が始まり、
魚町銀天街の周辺を巡っていきます。

商店街の中では太鼓の響きが共鳴して、音の深さが加わって聞き所満載です。

○7月16日(土)

・平松御神輿祭

小倉の平松町からお神輿がスタートし、市内を巡っていきます。
お神輿の豪華さだけでなく、担いでいる人々の粋な姿も要注目です。

・太鼓競演大会

お神輿によって露払いが終わると、100に迫る勢いの太鼓団体による競演が開始します。

この太鼓の競演は2016年で69回目を数える歴史ある行事。
審査員もつくので、伝統をしっかり重んじる演奏かどうかによって評価が分かれます。

小倉祇園太鼓 2016年の見どころ

○7月17日(日)

・据え太鼓競演会

前日とは違って、自由な太鼓の演奏がはじまります。
暴れ太鼓とも呼ばれるほどの、その迫力は見ておかないと損!
早打ちの派手さも要注目です。

・太鼓広場めぐり祇園

小文字通りにて太鼓団体が一同に介して広場を巡ります。
山車の上に太鼓をのせて回るので、盛り上がりは最高潮に。

すべての太鼓が音をそろえて太鼓を打つ“勢ぞろい太鼓”は圧巻のひとこと。
お祭りのメインと言っても過言ではないこの時間を、見逃さないようにしたいですね。

日ごとに各種イベントが盛りだくさんですが、
お祭りのメインとなっている太鼓を実際に体験できる“おもてなし太鼓”にも
是非参加してみたいところ。

今年の日程はまだ詳細が出ていませんが、
昨年は土曜日のお昼ごろに開催されていたようです。

また、太鼓の観覧チケットは当日500円、
座布団や飲み物がついてくる前売り券は2000円で販売されます。

ゆったり見物したいという方は、前売り券も購入もオススメです。

小倉祇園太鼓が開催されると、当日の道路状況も非常に混雑します。
できる限り電車と徒歩で移動し、車をつかわないように計画を立てておきたいところ。

江戸時代からずっと続いている伝統あるお祭り、小倉祇園太鼓。
暑い夏のひとときを、是非福岡の小倉ですごしてみては。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top