トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

血液ドロドロはまやかし!?医学的根拠なし説を検証

スポンサードリンク

テレビの健康番組をみていると、
血液ドロドロは危険!サラサラにするようにしましょう!
という情報がよく流されます。

多くの人が血液をサラサラにすることが
健康につながると考えているのではないでしょうか?

ところが、これには医学的根拠がないという説をご存じでしょうか?

そこで、早速検証してみました。

146939

血液ドロドロ、サラサラは顕微鏡で見てもわからない!?

血液の状態を調べる場合、
血液を採取し、人工の毛細血管に流して顕微鏡で観察します。

ドロドロ血液はベタベタと人工血管にくっつき、詰まってしまいます。
一方、サラサラ血液は詰まることなく、スムーズに流れます。

医者はこれを患者に見せ、
「ドロドロの血液は血管を詰まらせ、心筋梗塞や脳梗塞を起こす」
と、恐怖をあおります。

しかし、この血液の「ドロドロ」と「サラサラ」にはからくりがあるというのです。

赤血球は通常3分以上経過すると、
自然にくっついてしまいます。
これを顕微鏡で見ると、あたかも血液がドロドロのように見えるのです。

サラサラの血液は簡単に作れる

スライドガラスの血液をカバーガラスで強く押しつけると、
赤血球は薄く広がります。
これを見ると、「血液がサラサラ」になったように見えます。

つまり、見せ方の違いで、
血液はドロドロにもサラサラにもなるのです。

にもかかわらず、血液をサラサラにするとうたった健康食品は、
世の中に数多く出回っています。
NHKの「ためしてガッテン」でも「血液サラサラ詐欺に注意」という
特集が放送されたことがあるほどです。

ドロドロ血液はストレスと関係がある

とはいえ、ドロドロ血液が脳梗塞や心筋梗塞と関係がないかといえば、
そうではありません。

その原因はストレスが大いに関係していると言われます。

人間はストレスを受けると、血小板同士がくっつき、
血液の粘度が上がります。

その結果、血管が詰まり、脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうのです。

かつてドイツで興味深い調査が行われました。
「ワールドカップと心筋梗塞」という論文です。

ドイツではW杯開催中に心筋梗塞や脳梗塞が増えた

2006年ドイツW杯開催期間中は、
救急車で搬送される人が平均2.6倍増えたというのです。

実際、ドイツがイタリアに2点目を入れられた直後は
心筋梗塞や脳梗塞で病院に運ばれた人がもっとも増えたそうです。

このことからいかにストレスが身体に悪く、
血液をドロドロにして。心筋梗塞や脳梗塞の原因になるかが
わかりますよね。

血液をサラサラに保ちたいなら、
健康食品やグッズには決して頼らず、
ストレスをなくすことを心がけることが大切なようです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top