トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ダンベルダイエット 効果のあるやり方は?

スポンサードリンク

もしかすると家にひとつはあるかもしれない「ダンベル」。
張り切って買ったはいいけど、結局使わなかった…と言う方もいるかもしれませんが、
今まさにそのダンベルを使った「ダンベルダイエット」の効果が注目されているんです!

danberu

ダンベルダイエットの効果

ダンベルを使って筋肉を鍛えることで、代謝がアップして
痩せやすい体を作ることができます。

筋肉量が増えると体温も上がるので、それによって脂肪燃焼の効率もアップして、
ダイエットにはピッタリなんです。

ダンベルダイエットの効果的なやり方

ダンベルダイエットをより効果的に行っていくなら、

・食後2時間以内に運動する
・ゆっくりと動かして筋肉に負荷をかける
・呼吸を止めないこと
・回数を決めるのではなく15分ほどの時間で行う

ことがポイントとなります。

食後2時間以内に体を動かすことで、消化された食べ物のエネルギーを、
吸収ではなく燃焼させることができます。

また、ダンベルを動かすときに素早く動かすのではなく、
じわじわと動かす
ことで、負荷効果が高まるので効率よく鍛えることができます。

そして、脂肪を燃焼させるためには呼吸を止めずに、
酸素を絶えず取り入れることが大切です。

実際に運動を行う時は、女性の場合は1キロ程度のダンベルにして、
無理をかけすぎないようにしましょう。

ダンベルで引き締めるポイント

・二の腕
片手ずつダンベルを持ち、片方は太ももにつけたまま、もう片方を持ち上げます。
この時、ダンベルを方にくっつけるつもりで肘を曲げ、
ゆっくりと戻すのを繰り返します。

・腕の裏側
まっすぐ立って、ダンベルをもって肘を曲げ、頭の後ろ側に構えます。
そしてそのままゆっくりと、肘を伸ばしてダンベルを頭上に持ち上げます。

・バストアップ
横になった姿勢でしっかりと胸を張って、ダンベルを両手に持って胸の横で構えます。
肘をのばして胸の前にダンベルを持ち上げ、ゆっくりと戻します。

・くびれをつくる
足を肩幅に開いた状態で立ち、両手にダンベルを持ちます。
両腕と上半身を意識してひねり、勢いをつけないように反対側にもひねります。

ダンベルを使った腹筋

仰向けに寝そべって膝を曲げます。
両手でひとつのダンベルを持ち、胸の前に抱えます。
そのまま通常の腹筋の様に、息を吐きながら起き上がります。

最初のうちは少ない回数でも筋肉痛が起きますが、
これが筋肉が鍛えられている証拠です。

15分を目安にゆっくりと動作を繰り返すことで、
決してムキムキになることなくシェイプアップできるので女性には特にオススメ!

筋肉量を増やして脂肪がつきにくい、スリムなボディをゲットしていきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top