トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

熱中症は食事で予防できる!効果のある食品とは?

スポンサードリンク

夏場の暑い日は熱中症にかかる人のニュースが連日報じられますね。

熱中症対策というと、水分補給にばかり目が行きがちですが、
普段の食生活に気をつけることで、予防できることをご存じでしょうか?

そこで、熱中症予防に効果のある食品をご紹介したいと思います。

netyuusyo

カリウムが豊富な食品を選ぶ

熱中症になると、脱水症状に陥りますが、
大量の汗とともに体内からカリウムが排出されます。

カリウムは細胞の中にある物質ですが、
これが失われると、細胞の脱水症状が起こります。

細胞の脱水症状が起きると、
内臓に重大な影響を及ぼすこともあります。

カリウムの摂取は熱中症にかかたあと、
回復を手助けする効果もあります。

・カリウムが豊富な食品

・じゃがいも
・ほうれん草
・ひじき
・小豆
・空豆

ビタミンB1の補給も熱中症予防に大切

ビタミンB1が不足すると、
糖質を分解することができなくなり、
乳酸がたまってしまいます。

すると、疲労物質が増えて、倦怠感、しびれなどが出ます。

ビタミンB1を食物で補給する場合は、

・豚肉
・うなぎ
・きな粉
・グリーンピース

豚肉は特におすすめです。
ビタミンB1は牛肉の約10倍。
熱中症になりにくい身体を作る手助けをしてくれます。

クエン酸入り食品も効果的

クエン酸は乳酸の発生を防ぎ、疲れをとってくれます。

食品でクエン酸を摂取するなら、

・梅干し
・お酢
・レモン
・グレープフルーツ

熱中症予防は水分補給だけでは不十分です。
ご紹介した食物を積極的に摂ることをおすすめします。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top