トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

排卵日を計算して女の子を産み分ける方法

スポンサードリンク

「どうしても、女の子が欲しい……。」
「まだ妊娠していないけど、できたら初めては女の子がいいな。」
「一人目、二人目と男の子だったから、3人目こそ、女の子……!」

そんなことを考えた経験、女性なら一度や二度はあるかもしれませんね。

現在の医療では産み分けは100パーセント可能ではありませんが、かなりの確率まで高めることはできます。

どうしても、女の子が生まれてきて欲しい……。
そんな方は排卵日を計算して産み分ける方法もある、ということを、
知っておいて損ではありません。

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s

日本では原則、初めてのお子さんの産み分けは指導できないことになっています。
それでも、何らかの遺伝病があり、それを子どもには遺伝させたくないという場合は、産み分けが認められる場合もあります。

そうしたケースはより切実に、産み分けの方法を知って確実に行いたい!と思うのも当然のことと言えます。色覚以上や血友病など、男性が発症しやすい遺伝病も、あるからです。

排卵日を計算する

そうした方に向けて、今回は、排卵日を計算して女の子を産み分ける方法をご紹介します。

まず、基礎体温をきっちりつけているのが前提です。
そうすることによって排卵日の計算が容易になるからです。
この記事を読んでいる方で、まさか、「一度も基礎体温なんてつけたことがない!」っていう方は……いないとして。(汗)

大きなポイントは、『排卵日の二日前に性交すること』です。
これを知るには、前述のとおりに基礎体温をつけ、
そして自分の月経の周期を把握しなければなりません。

ここで「月経の周期って、具体的にいつからいつまで?」と知らない方のために解説します。月経の周期は個人差がありますが、だいたい21日~44日です。

月経開始から排卵日までが卵胞期=低温期で、排卵後から、次の月経までが黄体期=高温期です。そのなかで排卵日はどのタイミングかというと、低温期から高温期へ移行する時期がそれにあたります。
排卵日は、その人の月経周期に関係は無く、月経開始の2週間前になります。

月経周期を把握する

とにもかくにも、月経周期の把握なくして、産み分けの確率を高めることはできません。

念のため気をつけないといけないのが、月経周期の開始は、月経開始時という点。
意外と「月経周期の開始?それって、生理の終わった直後でしょ。」という認識の方も多いんです。
あくまで月経の周期の始まりは、月経つまり生理の始まった時です。そこを間違えると、排卵日の計算が狂ってしまうので、要注意です!

産み分けはこうした排卵日を計算する方法から、産み分け指導をしている医療機関を受診して直接指導してもらう方法まで、多岐にわたります。

が、産み分けの最初のステップとして、この方法をおさえておくのは良いでしょう。
それでは、排卵日を計算して女の子を産み分ける方法をまとめると、

①基礎体温をふだんからきっちりつける。
②それをもとに自分の月経周期を把握する。
③そこから排卵日を割り出し、その二日前に性交をする。

この三つになります。

この三つの点をふまえて、月経の最終開始日と月経周期を知り、妊娠計画を立てると、
産み分けの可能性を高められます。

排卵日の計算方法で産み分けを試したい方は、ぜひこの点を頭に入れて、
取り組んでみてください。


URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top