トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

2016年6月5日はプロポーズの日 その由来とは?

スポンサードリンク

結婚を考えている女性がいる男性にとって、
結構悩ましいのが、プロポーズのタイミングです。

84e2d9b191281728ac0fbbb68d40e41c_s

いつプロポーズすればいいのか?

誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどをきっかけにして
告白する男性も多いようですが、これらのタイミングを逃すと、
先延ばしになってしまいかねません。

そこで、プロポーズのタイミングを探っている人に
教えたいのが、「プロポーズの日」です。

えっ、そんな日があるの?
という方のために、ご紹介したいと思います。

プロポーズの日は6月の第1日曜日

6月の第1日曜日は「プロポーズの日」です。
2016年は6月5日ということになりますね。

まだ一般にはなじみの薄い「プロポーズの日」
そもそもいつ決まったのでしょうか。

もともと6月はジューンブライドと言われ、
よく知られています。

ジューンブライドの由来は?

ヨーロッパでは「6月の花嫁は幸せになれる」という
言い伝えが古くからあり、これがジューンブライドの由来です。

ローマ神話に登場するユピテルの妻で、
結婚の守り神ユノが6月の守護神であることから
ジューンブライドという言葉が生まれたのです。

プロポーズの日の由来は?

この言い伝えをもとに、
ブライダルファッションデザイナーの桂由美さんが
会長を務める「全日本ブライダル協会」が1994年に制定したのが、
「プロポーズの日」です。

なかなかプロポーズできないカップルに向けて、
「きっかけの日」となることを期待して、
6月の第1日曜日を「プロポーズの日」としたのです。

結婚記念日は覚えているけど、プロポーズの日は覚えていない。
そんなカップルが意外に多いことも理由で、
大切な告白の日を忘れないで欲しいとの願いも込められているといいます。

いつプロポーズをしようかと悩んでいる男性の皆さん。
「プロポーズの日」に結婚を申し込んでみては?

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top