トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

広島とうかさん 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

広島県では毎年たくさんの伝統的なお祭りが開催されています。

その中で、広島の三大祭にも数えられているのが「とうかさん」です。

tokasan

広島にある圓隆寺で行われる稲荷大祭で、
毎年40万人以上の人出がある有名なお祭りとなっています。

広島とうかさん 2017年の日程

毎年6月の第1金曜〜日曜に3日間で行われる「とうかさん」は、
2016年も予定通りに開催される運びとなっています。

という事で今年2016年の日程は、
6月2日(金)、3日(土)、4日(日)
となるのではないでしょうか。

それぞれにお寺でとり行われる行事が決まっています。

・3日(金)御開帳法要(とうか大明神の御開帳)
・4日(土)お炊き上げ法要
・5日(日)御閉帳法要

とうか大明神が御開帳するのは、1年の中でもこのお祭りの中でだけと非常に貴重です。

広島とうかさん 2016年の見どころ

しかし、それ以外にも「とうかさん」のみどころは満載!

特に、「ゆかたできん祭」と言って、
浴衣に関するイベントがたくさん行われるので要注目です。

圓隆寺は、元々広大な敷地を持っていて、そこでは盆踊りが盛大に行われていた
という歴史があります。

このことから、「とうかさん」にも、
浴衣を着た人々がたくさん集まるようになったのです。

また、広島は周りの府県と比べても気温が高くて過ごしにくさがあったために、
6月でも浴衣が快適だったという見方もあります。

確かに、6月初旬なので浴衣でもそんなに寒くないので、
行ってみようかなという方は、是非浴衣を着ていきたいところです。

・浴衣ファッションショー
・浴衣をお直ししてくれるサービス
・盆踊り
・浴衣のパレード

などなど、浴衣を着ているからこそ楽しめるイベントが目白押しです。

広島とうかさん 2017年の交通アクセス

特に浴衣を着てい句という方は、当日は混雑することが必至なので、
車よりも公共交通機関を利用するのがオススメです。

JR広島駅から市電に乗って、八丁堀駅で降りれば徒歩5分。
浴衣でも歩ける距離ではないでしょうか。

広島とうかさん 2017年の見どころ

圓隆寺の稲荷大名神境内に飾られた500個のちょうちんが並ぶ風景は、
夏祭りのにぎわう光景そのもの。
どこよりも早い夏祭りとして、楽しむことができます。

また、300円を奉納するとうちわとお守りがもらえるのもポイント。
煩悩退散に効くというお守りがもらえるので、記念にもらってみてはいかがでしょうか。

さらに、立ち並ぶ屋台も1000店舗以上!
それを見て回るだけでも楽しいこと間違いなしですね。

食べ物だけではなく、遊べる屋台も複数あるようなので、
小さなお子さんも飽きずに楽しめるでしょう。

広島三大祭のひとつ「とうかさん」。
一足早い夏の訪れを、味わいに出かけてみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top