トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

あがた祭 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

京都は日本で一番の観光地。外国人観光客も多く訪れる、
歴史とその時の文化を府悪知ることができる、そんな街です。

そんな京都で毎年行われるお祭りのなかで、
1000年以上の歴史を持っているのが「あがた祭」です。

agata

あがた祭 2017年の日程

宇治で毎年決まって、6月5日〜6日に行われるお祭りですが、
出店も多くて世代を問わず楽しめるお祭りとなっています。

2016年もこれまでと同様に、6月5日、6日に行われる予定です。

注意しておきたいのは、5日の午前10時くらいから6日の深夜1時くらいまで、
昨年は交通規制があったというところ。

今年の詳細はまだ出ていないのですが、交通規制はおそらく敷かれるので、
車を利用するという人はしっかりとチェックしておきたいところです。

あがた祭の見どころ

さて、そんな「あがた祭」の見どころと言えば、
『梵天渡御』と呼ばれている儀式です。

梵天渡御は、梵天と呼ばれる神輿を担いで、
宇治神社〜あがた神社を練り歩く行事。

夜遅くに行われるのですが、梵天渡御の間は街中も灯りを落として、神輿を迎える態勢を整え、
まさに暗闇の中で行われるということから、“暗闇の奇祭”とも呼ばれているんです。

ですが、そんなに暗い中で行われるなんて、本当に盛り上がるの?楽しいの?と
疑問が浮かんできますよね。

そんな心配は要りません。

通りには露店がひしめきあっていて、午後10時くらいまで長く営業してくれます。

なんとその数は無い都市700店舗以上というボリューム!
おいしい食べ物はもちろんのこと、遊べる露店もあります。
お子さんも飽きずに楽しめそうですね。

また、京都宇治と言えばお茶ではないでしょうか。
おいしいお茶を取り扱う露店も、毎年出ているようなので今年も期待出来そうです。

お茶を楽しむために、露店をたっぷり楽しむために「あがた祭」に訪れる人もいるほど、
このたくさんの露店は名物となっているんです。

あがた祭 2017年の交通アクセス

メインとなっている開催場所のあがた神社は、平等院の南門からすぐのところにあり、
祀られているのが安産・出産の守り神である“木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)”。

お祭りの時だけではなく、普段から、安産祈願などを願うご夫婦や
女性参拝者で賑わっている神社となっています。

京都は、比較的近い場所に様々な人気スポットが点在しているので、
日中は平等院などの定番スポットを巡ってみるのも楽しそうですね。

京都の伝統あるお祭りを、夜遅くまでたっぷり楽しめるので、
是非ゆっくりお休みを取って出かけてみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top