トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

仙台青葉まつり 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

仙台で行われるお祭りには、有名なものが沢山ありますが、
中でも仙台三大祭りにも数えられているのが「仙台青葉祭り」です。

sendai

毎年約100万人もの人が訪れるという盛大なお祭りは、
実に300年以上の歴史を持っています。

そんな仙台青葉祭りが2016年も滞りなく行われる予定です。
まずは、その日程をチェックしておきましょう。

仙台青葉まつり 2016年の日程

・日にち 2016年5月14日(土)、15日(日)

・時間 9時20分〜終了は会場によって異なる

・場所 仙台市一番町通り、定禅寺通りなど

まず14日土曜日には、“宵まつり”として、
街中でお囃子と共に“すずめ踊り”が披露されます。

お囃子に合わせて飛び跳ねる踊りの姿が、まるですずめのように見えることと、
仙台を治めていた伊達家の家紋にもスズメが書かれていることから、
この名前が付けられました。

定禅寺通りでは4000人もの人々が乱舞して、お祭り前夜を大きく盛り上げます。
さらに、提灯の灯りも幻想的な雰囲気を祭りに与えてくれています。

15日日曜日がいよいよ青葉祭りの“本まつり”です。

仙台青葉まつりの見どころ

本まつりの一番の見どころは、“時代絵巻巡行”と呼ばれているパレード。
伊達家の武将を中心とした武者行列、伊達戦国家臣団、甲冑の武士たちが、
仙台市役所までを盛大にパレードするんです。

また、このパレードには伊達政宗を祀っている青葉神社のお神輿や稚児行列、
とても豪華な11基もの山車も次々と登場し、
街の時代を彩る絵巻物のような時間を楽しむことができます。

これ以外にも城下町の様子を再現した“伊達縁”が勾当台公園で行われますし、
伝統合芸の職人技を見学したり体験できるレクリエーションも豊富です。

さらに、寄席や学生運営の射的、お化け屋敷など盛りだくさん!
まさに大人も子供もみんなが楽しめる、時間を忘れて遊べる、
そんなお祭りとなっています。

もちろん、美味しいものもたくさんありますよ。
伊達政宗が美食家だったこともあってか、地域の物産展では
ご当地のおいしいものをたくさん楽しめます。

踊りを見て、パレードを見て、美味しいものを楽しんで…と、
あらゆる方面からお祭りを思い切り楽しんじゃいましょう!

仙台青葉まつりの交通アクセス

お祭り当日には交通規制が多く敷かれるため、
あらかじめ迂回路や駐車場などを確認しておきましょう。

路線バスも時間帯によって停止してしまう場合があるため、
どうやって移動するか、会場までのアクセスの仕方も考えておきましょう。

JR仙台駅からの移動が便利なので、遠方から訪れる場合は電車が便利です。

混雑が予想されるお祭り当日ですが、やはり楽しむことが一番大切です。
2日間、美味しいものと盛大な雰囲気を、自分なりに思い切り楽しんでいきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top