トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

浜松まつり 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

春になると楽しみなのが行楽シーズンにどこにでかけようかな?ということ。

特にゴールデンウィークは混雑があっても、
せっかくの長期連休なのでお出かけしたいですよね。

ゴールデンウィークには全国各地であらゆるイベントやお祭りが開催されますが、
今回はその中から、日本最大級の凧を使ったお祭りである
「浜松まつり」をご紹介します!

hamamatsu

浜松まつり 2016年の日程

・2016年5月3日〜5月5日
・中田島砂丘(静岡県浜松市南区)
にて

毎年ゴールデンウィークに開催されるので、
2016年も変わらず開催される予定です。

このうち、3日、4日の10時〜15時、
5日の12時〜15時に凧揚げ合戦が開催されます。

新しく生まれた子の誕生を祝うために始まった凧揚げを取り入れ、
開始の合図があると一斉にたくさんの凧が上がります。

風と一緒に舞い上がる砂埃も気にすることなく、
凧が空高く上がる姿は圧倒的な風景です。

浜松まつりの見どころ

また、4日と5日にはただ凧揚げをするだけではなく、
凧の糸を切る「糸切り合戦」もスタート。
地域ごとの凧のぶつかり合いも必見ですよ。

凧も、大きなものだと畳10畳分もあるものがあるので、
凧の糸切り合戦にいかに力を入れているのかが解りますね。

またそれぞれの日の午後6時30分ごろからは、
「御殿屋台引き回し」と言って、地域ごとに工夫した屋台(山車)が
灯りをともして街を練り歩きます。

屋台の上では子供たちが笛や太鼓でお囃子を奏で、
声を掛け合って協力して演奏します。

屋台につけられた提灯の幻想的な灯りと共に、
豪華絢爛なパレードを見ているかのような雰囲気は必見です。

これ以外にも、郷土芸能のステージや、物産展、
ミニ凧を手作りする体験なども盛りだくさん。
1日中、浜松の郷土に触れて楽しむことができます。

浜松まつりの交通アクセス

さて、そんな浜松まつりがおこなわれる中田島砂丘ですが、
当日は交通規制が敷かれてしまい、会場に近い場所へは車で行くことができません。

そのため最寄りの公園である飯田公園からの、
シャトルバスを利用するのがオススメ。

公園には1000台以上の車が駐車できるので、
余裕をもって出かければ駐車もスムーズに行えるでしょう。

また、シャトルバスは浜松駅からも運行しているので、
電車で訪れるという方も安心です。

浜松駅からは屋台引き回しが行われる市街地へもとても近いので、
電車がより有利に立ちまわれるでしょう。

車で行く場合は、浜松市はとても混雑するので要注意。
特に、ゴールデンウィークともなると車の量や人の量も多くなるため、
交通事故にはしっかりと気を付けて、余裕のある運転を心がけていきたいものです。

とはいえ、伝統的な浜松まつりは一度は見ておきたいお祭りのひとつ!
この機会に出かけてみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top