トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

介護うつの症状とは?悪化する前にできる対策と治療法

スポンサードリンク

高齢化社会がどんどん進行していく現代において、
介護する側の心のケアにも注目が集まっています。

その理由が『介護うつ』が増えてきていることにあります。

146939

介護うつというのは、うつ病の中でも、特に
介護をしている人・過去に介護をしていた人に見られるうつ病症状のこと。

介護をしている人の4人に1人の割合で、
発症しているというデータがあるほど、ポピュラーになりつつあるのです。

介護うつの症状

介護うつの症状は、通常のうつ病と似ています。

・マイナスの感情ばかり浮かんでくる
・楽しいと思えることがない、趣味なども楽しめない
・睡眠障害(眠れない、目が覚めるなど)
・むなしい、焦燥感がある
・人と話したり、会いたくないと感じる

このように、何事にもやる気がなくなったり、悲しい気持ちで満たされてしまうなど、
心がうまく機能しなくなってしまいます。

これらの症状が2週間以上続いたとしたら、それはもうすでに
介護うつになりかけているかもしれません。

自分の状態を甘く見ずに、心療内科などで適切な治療や
カウンセリングを受けるのが奨められています。

介護うつ対策法

介護うつにならないために、または進行していくのを防ぐためには、
自分のことを辛い状況に置き続けないことが最重要です。

・自分のストレスを実感する
・他人と比べてまだまだだと思いこまない
・周りに相談をする
・介護施設の利用も視野に入れる

こうした、自分を守る対策をしっかりと行うことがポイントです。

特に、自分の苦労を人に話すのは嫌だと感じる人もいますが、
それが心に大きな負担をかけてしまいます。

話せる友人、家族、またはカウンセラーさんなど、そういった人と話して、
自分のストレスを口に出すことが大切です。

頑張りが足りない、他の人はもっと苦労している…という考え方もやめて、
自分が辛いことを自分自身で認めてあげなくてはいけません。

そして、介護施設に関する情報をしっかりと集めて、
施設に頼ることも考えていきます。
調べてみると意外と安かったり、利用しやすいことが解って助かった…
というケースもあるのです。

介護うつを治すには

精神科や心療内科で薬を処方してもらったり、
カウンセリングに通ってストレスを軽減する方法があります。

また、時には十分な休養が必須となる場合もあり、
こうした場合には他の家族との連携も必要不可欠となります。

介護する側の負担は、その当事者にしかわかりません。
だからこそ、知らず知らずのうちに
介護うつにかかってしまう人が後を絶たないのでしょう。

介護する側の人間がつぶれていくのを見逃さず、その人自身も、
周りの人間もしっかりと支えていけるといいのではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top