トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

くらやみ祭り 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

東京というと、浅草浅草寺などの大きなお寺が目立ちますが、
都内屈指の古い歴史を持つ大國魂神社にも、
毎年ゴールデンウィークになると70万人以上の人が訪れるんです。

それが、この時期行われる「くらやみ祭り」によるもの。
千年以上の歴史があり、東京都の指定無形民俗文化財にも指定されているんです。

kurayamimaturi

その昔、神聖な魂は、お神輿に乗り移るのを見られてはいけないという考えの元、
暗闇で神事を行ってきたのが、くらやみ祭りの始まりです。

現在では多くの神事が灯りがある場所で行われるようになりましたが、
江戸時代までは提灯の明かりも使われなかったそうです。

さて、ゴールデンウィークとなると、全国の観光地が一斉ににぎわいますが、
このくらやみ祭りも例にもれずに盛り上がりを見せるんです。

くらやみ祭り 2016年の日程

2016年も例年通りに開催される予定となっているくらやみ祭り。
日程は、4月30日〜5月6日までとなっています。

大型連休の間ずっと開催されているという事なので、
一度は訪れてみたいものです。

特に、お祭りのクライマックスであるお神輿を見に行くのもオススメですよ。

では、お祭りの詳細を紹介していきます。

くらやみ祭りの見どころ

○4月30日(土)

・品川海上禊式(みそぎしき)
神職の一行が身を清めて、その際に清めた水を大國魂神社へ持ち帰り、
祭り期間中の朝夕の儀式で使用します。

○5月1日(日)

・祈晴祭(きせいさい)
祭りの始まりに、安全と天気が良くなるようにと祈りをささげる神事です。

○5月2日(月)

・御鏡磨式(みかがみすりしき)
お神輿に飾る鏡を塩を使って清める行事です。
清めた後はまず本殿に納められます。

○5月3日(火)

・山車の競演 18時〜
並木道に山車が並び、競い合います。

・競馬式 20時〜
6頭の馬に烏帽子姿の騎手が乗り、馬場大門の並木を3往復します。

○5月4日(水)

・御綱祭 9時〜
お神輿を御祓いする祭典です。

・子供神輿 13時半ごろ〜
約20基の子供神輿が練り歩きます。

・太鼓の演奏 17時〜
大太鼓が大鳥居の前に揃い踏みして、演奏を行います。

・山車の巡行 18時〜
20台以上の出汁が旧甲州街道などをお囃子と共に巡行します。

○5月5日(木)

・みこし渡御(とぎょ) 18時〜
大太鼓による先導で、神輿が御旅所へと移動します。
花火の打ち上げ音や太鼓と共に、祭りがクライマックスへと向かっていきます。

○5月6日(金)

・みこし還御(かんぎょ) 16時〜
お旅所から町内を回り、お神輿が大國魂神社へと帰っていきます。

見どころある祭典はこのようになっていますが、
期間中5月3日〜5日は屋台もたくさん並ぶので、
それを見てめぐるだけでも楽しいでしょう。

都内で行われる伝統あるお祭り、くらやみ祭り。

連休の楽しみとして、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top