トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

成田太鼓祭 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

日本の伝統芸能のひとつでもある和太鼓。

その和太鼓を中心として、伝統舞踊などをまじえた
日本最大級の太鼓の祭典が、「成田太鼓祭」です。

naritataiko

関東地方を中心に、日本全国の都道府県を代表する和太鼓演奏、
伝統舞踊のグループがたくさん参加して、
会場となる成田山と表参道を盛り上げてくれます。

成田太鼓祭は2016年で第28回目となり、
今年も盛大にとり行われる予定です。

お祭りは2日間行われ、たくさんの催し物が予定されています。

成田太鼓祭 2016年の日程

○4月9日(土)

・千願華太鼓 10時〜
新勝寺にて

たくさんの太鼓が並び、打ち手が祭りの幕開けを飾ります。

・参道ステージ 11時〜19時まで
成田山表参道など特設ステージにて

各和太鼓団体が、
それぞれの特設ステージで演奏を行います。

・成田山千年夜舞台 17時〜19時まで
新勝寺大本堂ステージにて

夕暮れ時になると、かがり火に照らされた空間で、
和太鼓の迫力ある演奏を楽しむことができます。

夜とは思えないほどの熱気にあふれるステージは、
2000人以上の観客が詰めかけます。

○4月10日(日)

・千願華太鼓 10時〜

・参道ステージ 11時〜17時まで

・表参道太鼓パレード 15時〜
成田山表参道にて

パレードのために特別な演出をした太鼓と、舞踊グループによるパレードです。
日本の伝統の音と踊りが織りなす、とても大きなパレードとなっています。

成田太鼓祭 2016年の見どころ

このように、和太鼓が中心のパフォーマンスが行われますが、
ほかにも、尺八や二胡の演奏、笑福踊りも昨年は参加していました。

また、世界の音楽芸能を楽しめるステージもあり、
スリランカのキャンディーヤンダンス、
サンバのウニアン・ドス・アマドーリスなどのグループも参加していました。

今年も様々な団体の参加が見込まれるのではないでしょうか。

成田太鼓祭 会場へのアクセス

さて、肝心の会場へのアクセスですが、
車よりも電車の方が駐車場の心配がなくて便利です。

電車の場合は、JR成田駅または京成成田駅から徒歩10分ほどで着きます。

車の場合は成田ICから成田山に向かうのですが、
近場の駐車場はどんどん埋まってしまいますので、
余裕をもって出かけるのがオススメです。

お祭りのステージは、基本的に立ち見は無料となりますが、
千年夜舞台はチケットがれば座席も確保できます。

400口限定なので競争率は高いですが、
この機会に座席でゆっくり鑑賞するのもいいですね。

2日間全体を楽しむのも良いですが、
特に見たいステージに絞ってみるのもオススメです。
お祭りを楽しむ計画をしっかりと立てていきたいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top