トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

八戸えんぶり 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

八戸えんぶりは、八戸地方を代表する民俗芸能です。
このお祭りは、国の重要無形民族文化財「青森冬の三大まつり」とされ、
その年の豊作を祈願するものとして約800年の伝統を誇ります。

スクリーンショット 2015-12-08 21.08.53

八戸えんぶり 2017年の日程

2016年の開催期間は
2016年02月17日(金) ~2016年02月20日(月)
となっています。

八戸えんぶりの歴史

八戸えんぶりの歴史は古く、鎌倉時代に遡ります。
八戸藩主南部光行が正月、武装させた家来たちを、
有力者たちの家へ訪問させた際、家来たちは酒の勢いもあり、抜刀乱舞したそうです。

恐れ慄いた有力者たちでしたが、農民の藤九郎がその場に居合わせており、
田植歌を賑やかに歌い踊りました。
その踊りが家来達の注目を集め、そのまま事態を終息させました。
このことが現在の八戸えんぶりのお祭りに繋がったようです。

八戸えんぶりの「えんぶり」の意味は?

ところで八戸えんぶりの「えんぶり」、あまり聞きなれないですが、
どのような意味なのかご存じですか。
このえんぶりとは、「新春に今年の豊作を祈願する舞」との意味があり、
種まきなどの動作を舞としてた動作から由来しているようです。

また、田んぼをならす時に使う農具「えぶり」を手にしていたことから、
「えぶり」がなまって「えんぶり」になったとも言われています。

八戸えんぶりの見どころ

この時期の青森は雪も積もりとても寒いですが、
八戸市中心街で行われる舞いはとても見ごたえがあり、
華麗な姿に心打たれることでしょう。

総勢20~30人で構成された太夫(たゆう)という舞い手が、
馬の頭を形どったような烏帽子を付けて舞います。

地面にジャンギと呼ばれる棒を突き立て、
首を大きく傾けながら舞うその姿は実に神秘的で勇壮です。
またかわいい子どもたちによる祝福舞も見られ、
明るく楽しく踊る姿は見物客を楽しませてくれます。

えんぶりの型は2種類あります。
「ながえんぶり」は、唄、しぐさともにゆったりとしたもの。
「どうさいえんぶり」は、唄、摺りもテンポが速いものと、対称的な2種類です。

また、「松の舞」「えびす舞」「金輪切り」などといった祝福芸があり、
軽快な笛の音とともに、手平鉦などのお囃子が摺り込みの間に演じられます。

このえんぶりの鑑賞チケットは事前購入もすることができ、
えんぶりの公演鑑賞券、お庭えんぶりの鑑賞券が用意されています。

これらの発売開始日は八戸市の公式ホームページで決定次第公表されます。
購入希望の方は1度確認してみてください。

◯お庭えんぶり観覧券(全席前売り)
席料金:1席 2,100円(甘酒・せんべい汁付き)
販売所:八戸観光コンベンション協会

◯えんぶり公演観覧券
席料金:1席 前売券900円 1席 当日券1,000円
販売所:八戸観光コンベンション協会、はっち、港むら福、ラピア、はちのへ総合観光プラザ

とても見ごたえのある八戸えんぶりですが、青森は、海と山の両方に恵まれていている土地です。
お祭りを楽しんだ後は、食の宝庫とも言われている青森ならではの、
有名な海産物、また噂のB級グルメなどを楽しむのもいいのではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top