トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ノロウイルス予防に効く!注目のラクトフェリンヨーグルトとは?

スポンサードリンク

冬になると気になる病気…インフルエンザも怖いですが、
近年注目されているのが“ノロウイルス”への感染ですよね。

ノロウイルスに感染すると、激しい下痢や嘔吐を繰り返し、
脱水症状なども引き起こしてしまい非常に苦しい状態に。

一度経験した人からすれば、もう二度とあんな目には遭いたくない!と、
そう思ってしまうでしょう。

ノロウイルスへの感染を予防するには、手洗いとうがいをして、
体の中にウイルスを入れないようにするのが大事。

しかし、食べ物にあらかじめノロウイルスがいたら、
手洗いやうがいも意味がありません。

そこで大活躍してくれるのが、“ラクトフェリン”という乳酸菌なのです。

8d33e1a716c3aa1d1d788a68b5761a1e_s

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンというのは、母乳などに多く含まれる乳酸菌で、
様々な感染症から体を守ってくれる効果があります。

生まれたばかりの赤ちゃんに、母乳が必要不可欠なのは、
ラクトフェリンの力を赤ちゃんに与えるためなのです。

でも、乳酸菌にはたくさん種類があるのに、
どうしてラクトフェリンでないとノロウイルスの予防ができないのか。

ラクトフェリンでノロウイルスを予防できる理由

それは、ラクトフェリンの腸内での働き方に理由がありました。

ノロウイルスは腸の中に入り込むと、
その壁に侵入して塩分や水分の調節機能を破壊します。
これによって、下痢や嘔吐などの症状が現れるのです。

そこでラクトフェリンの出番。

ラクトフェリンは、ノロウイルスが腸の壁に入り込む前に、
ベールを作って侵入をガードしてくれる
んです。

また、ラクトフェリンが変化した“ラクトフェリシン”という成分が、
直接ノロウイルスに張り付いて、腸の壁に侵入できないように包み込んでくれます。

こうすることで、体内に入ってしまったノロウイルスからも、
身を守ることができるのです。

ラクトフェリンは免疫細胞を強くする効果もある

さらに、乳酸菌としてのはたらきで、免疫細胞を強くする効果があり、
ノロウイルスによる辛い症状をやわらげたり、
インフルエンザなどの多くの感染症から身を守ることにも繋がります。

ラクトフェリンは、実に優秀な乳酸菌なのです。

そんなラクトフェリンは、ヨーグルトを食べたり、
サプリメントから取り入れることができます。

ヨーグルトの場合は、パッケージに“ラクトフェリン入り”
などの表示がされているものを選択すると良いでしょう。

サプリメントの場合も、ドラッグストアや薬局で
手軽に手に入るものが増えてきているので、
この冬はノロウイルスに悩まされないように、
しっかりと予防ケアを行っていきましょう。

基本的な手洗い、うがいも忘れずに!

自分の体を守るのは、しっかりとしたセルフケアから。
ラクトフェリンの健康習慣を、始めてみては。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top