トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

弘前城雪燈籠まつり 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

弘前城雪燈籠まつりは、「みちのく五大雪まつり」のひとつとして、
1977年(昭和52年)から始まりました。

スクリーンショット 2015-11-25 15.02.20

弘前城雪燈籠まつり 2016年の日程

2016年の日程は2月11日(木祝)~14日(日)の4日間となっています。

まつりの期間中は弘前公園内には、
武者絵をはめ込んだ本雪燈籠が並んでおり、
これらすべて市民や団体が制作しています。

公園内にはミニカマクラや、
200基にも及ぶ大小様々な燈籠や雪像が蓮池のまわりに配置されており、
これらは本丸から臨むことができます。

また夜には昼間と違った世界になるのも、
このおまつりの見どころと言えるでしょう。
特別照明とともにカマクラや燈籠に火が灯ると、
幻想的な雪の園内に変わるのがとても魅力的です。

弘前城雪燈籠まつりの見どころ

様々なイベントが用意されているメイン会場では、
大雪像や大型滑り台などが製作されおり、とても賑わいます。
大人だけでなく小さな子供も飽きることなく、家族で楽しめるイベントとなっています。

弘前城石垣マルチ・プロジェクションは必見!

さらに2016年は特別イベントとして、
『弘前城石垣マルチ・プロジェクション』が予定されています。
雪燈籠まつり期間中、弘前城本丸石垣の修理に伴い、石垣に映像作品を投影されます。

この石垣は総延長140メートルを超えるもので、
投影とともに内濠一帯に照明演出も加え、壮大なスケールで行われる予定です。

弘前城雪燈籠まつりおすすめのコース

それでは次に、弘前城雪燈籠まつりおすすめのコースをご紹介します。
所要時間は約2時間程で、飲食やステージイベントなどの遊びの時間は含みませんが、
見どころをおさえたおすすめのコースです。

1、東門
東門からスタートします。
明かりが灯された灯篭が東門から石橋までの道の両脇に並び、
とても幻想的な世界になっています。
さらに東門の道路を挟んだ向かい側には弘前市文化センターがあり、
そこでは弘前城初代藩主 津軽為信の像が見られます。

2、東内門
東内門をくぐると、桜の木が真っ先に目に入ります。
この木は、日本最古のソメイヨシノです。
毎年春になると立派な桜の花を咲かせ、
さくらまつりにはたくさんの人を魅了しますが、
冬の時期には雪の花を咲かせ、また違った姿で人々を楽しませます。

3、下乗橋と弘前城(天守)

白い雪と赤い下乗橋は、コントラストがとても美しいと評判です。
弘前城は、雪の降っている時期は閉館しているため中を見学することはできませんが、
雪のつもった弘前城がライトアップされると、
春とはまた違った姿でとても美しいと観光客だけではなく、地元の市民からも評判です。
また園内が灯篭で照らされると、弘前城のライトアップと合わせて一層美しい風景を楽しめます。

4、北の郭
ここはカップルにおすすめの、美しい光のアートが見られるスポットです。
鷹丘橋を渡って北の郭へ行くと、キラキラと光る電飾が木々に施されています。
圧倒的な美しさで人々を魅了します。

5、津軽錦絵大回廊
灯篭の壁には、夏の「ねぷたまつり」に出陣した、ねぷたの絵を活用しているそうです。
またその先には温かい食べ物等の出店があります。

6、ステージイベント
終わりに近づいてくると、雪灯籠まつり・ステージ・雪像・巨大滑り台などの
ステージイベントが用意されており、とても賑わっています。
なかでも巨大滑り台は、子供から大人まで幅広くが楽しめるスポットとして
毎年人気を集めています。
雪灯籠祭りの名物とも言えるでしょう。
その他にも、巨大な雪像やキャラクター雪像もあります。

7、亀甲門(北門)
最後はお土産を買って帰りましょう。
北門から公園の外に出て、観光施設の「津軽藩ねぷた村」で買うことができます。

いかがでしたでしょうか。
お友達同士やカップルだけでなく、小さなお子さまから大人までと
ご家族で楽しめるイベントがたくさんつまった弘前城雪灯籠まつり。
ぜひ一度訪れてみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top