トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

みぞおちの痛み 原因と症状から考えられる病気は?

スポンサードリンク

胸の下側が急に痛い!
こんな不快な”みぞおち”の痛みは、
放っておくと大きな病気である可能性があります。

みぞおちの痛みの原因や、考えられる病気について、
詳しく知っておきましょう。

146939

まず、大きな病気以外でみぞおちが痛む原因ですが、
考えられるものがいくつかあります。

・暴飲暴食や辛いものの影響

食べ過ぎ飲み過ぎはもちろんのこと、
香辛料など刺激物が多い食事をすると、胃や十二指腸の粘膜を傷つけて、
みぞおちが痛む場合があります。

また、過度の飲酒や喫煙、炭酸飲料によって胃液が分泌されて、
胃粘膜を傷つけることも原因のひとつ
です。

・ストレスによる影響

日常生活でのストレスや、温度差の激しい環境にいることによって、
自律神経が乱れて胃液の分泌のバランスが狂ってしまうことがあります。
これにより胃粘膜が傷ついて、みぞおちが痛む原因となります。

・食あたり

腐った食べ物や飲み物、または食べなれないもので食中毒のような症状が起こると、
みぞおちが痛むことがあります。

海外で硬水を飲んで、お腹が痛くなる前兆である場合もあります。

このように、みぞおちの痛みの原因は様々ですが、
この痛みが、何かの病気の症状である場合も考えられます。

胃や十二指腸だけでなく、
肝臓や膵臓などに病気が隠れていることがあるので要注意です。

では、みぞおちの痛みと関係がある病気について、
まとめてみたいと思います。

みぞおちの痛みで考えられる病気

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍

慢性的に腹痛がある、空腹時でも痛みがある、
食欲がなくなるなどの症状には要注意です。

・急性胃炎

暴飲暴食、ストレスなど、上記の原因項目が複数重なると、
胃の粘膜がただれて胃炎に発展します。

・神経性胃炎

精神的なストレスを感じて起こる胃炎です。
みぞおちの痛みの他に、喉が詰まるような感覚や、
胸やけなどの症状が見られます。

・逆流性食道炎

胃液が食道などに逆流して、みぞおちの痛みを引き起こします。
すっぱいものが喉元まで上がってくる、という症状があります。

・盲腸(虫垂炎)

みぞおちが痛いと感じた後に、
徐々にその痛みが右下腹部に移動します。
吐き気などを伴う場合もあります。

・肝炎、肝臓がん

目に見える症状が現れませんが、
胃や十二指腸などに原因が見当たらなかった場合、
肝臓についても検査してもらいましょう。

みぞおちの痛みは暴飲暴食が続いたり、ストレスが重なったりなど、
最初は小さな原因であっても、
その後大きな病気にまで発展してしまう恐れがあるのだ、と言うことが解ります。

日常生活の中で、食生活を見直したり、ストレスをうまく発散させるなど、
対策を練っておくのがポイント。
また、食べ物の鮮度や消費期限にも気を配っておきましょう。

そして、痛みが強くなったり、長期的に続くようなら、
病院できちんと検査を受けましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top