トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

秩父夜祭 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

冬といえばクリスマスや年末年始に向けて、なにかと忙しくなる印象ですが、
日本にはそんな冬でもより楽しく過ごせるお祭りがあるんです!

それが、秩父市で行われる「秩父夜祭」です。

スクリーンショット 2015-09-10 14.27.36

人気アニメの舞台となったことで話題になった秩父市で、
毎年12月に行われているお祭りは、
寒い冬場と言っても夏の祭りと変わらないほど大人気の行事。

そんな秩父夜祭の日程や見どころなど、
事前にチェックして思う存分楽しんでいきましょう!

秩父夜祭 2015年の日程

まず、秩父祭の2015年の日程は以下のようになっています。

・2015年12月1日〜6日

・秩父市 秩父神社にて

毎年12月1日から1週間行われますが、
最も楽しめるのが2日の宵宮と、3日の大祭です。

2015年は水・木曜日となっていますね。

当日は平日でもたくさんの人が訪れるので、車での移動はなかなかに困難。
電車で訪れるのがオススメです。

秩父夜祭の見どころ

さて、秩父夜祭は、京都の祇園祭や岐阜県の高山祭に並ぶ、
日本三大曳山祭とされています。
ずばり、山車や笠鉾をひきまわして行う神幸行列はかなりの見どころ。

3日の夜に、20トンもの重さがある山車を、
団子坂という急な坂で引き上げるシーンはド迫力。
桟敷席を確保しておかないと見ることができないのですが、
お祭りのクライマックスと言っても過言ではありません。
この時、花火も一緒に楽しめるので、桟敷席の確保は大変オススメです。

また、お祭りと言えば屋台!
冬のお祭りである秩父夜祭ですが、屋台の数は相当なんです。
なんとその数1000店以上!

食べ物・飲み物、お子さんが喜ぶ遊びも充実しているんです。
何を食べようか迷ってしまいますね。
中には大型のテントを設営しているお店もあるので、冬の冷たい空気の中でも安心です。
夏のお祭りとは一味違う屋台の楽しみ方ができます。

さて、秩父夜祭では、人気アニメの舞台となったことから、
それにちなんだ花火(スターマイン)を行うようになりました。
これもまた、大きな人気を博しているのですが、
2015年も行うのではないか?という見方が有力です。

アニメファンでなくてももちろん楽しめる冬の花火となっているので、
開催されるのを期待したいですね。

秩父夜祭は冬の夜に行われるので、防寒対策はしっかりとして行きましょう。
使い捨てカイロなどを持って行くのがオススメですよ。
あたたかくして、お祭りの雰囲気を存分に楽しんでくださいね!

1年の終わりにお祭りを楽しむなんて、
いつもと違う過ごし方をしてみるのも、たまにはいいかもしれませんね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top