トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

やつしろ全国花火競技大会 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

夜空に咲く大輪の花、花火。
祭や祝い行事に欠かせない日本の伝統的な芸術品ですよね。

そんな花火に想いを懸ける花火師たちの競演、
「やつしろ全国花火競技大会」が今年2015年も開催されます。

yatsushiro

2015年「やつしろ全国花火競技大会」の日程

2015年の「やつしろ全国花火競技大会」の日程は以下の通りです。

・2015年10月17日(土)
※荒天の場合は11月7日(土)に延期

・18時開始〜22時頃まで

・熊本県八代市、球磨川河川緑地にて開催

当日は車や多数の人で相当な混雑が予定されます。
駐車場は総合体育館などを無料開放してあり、18か所。
収容数は6300台となっています。

しかし、これだけ数があっても毎年14時〜15時にかけて
すでに満車となっています。
車で来場予定の場合は、正午ごろを目安に行くのがオススメです。

八代IC、八代南ICから車で10分ほどで到着します。
電車を利用の場合は、JR肥薩おれんじ鉄道を利用し、
八代駅から徒歩10分となります。
時間に余裕をもって行動するのがポイントです。

ちなみに、会場周辺は大掛かりな交通規制が行われ、
新萩原橋は19時頃から歩行者天国になります。車での行動は要注意です。

2015年「やつしろ全国花火競技大会」の見どころ

さて、毎年全国の花火師たちの
あつい戦いが繰り広げられる「やつしろ全国花火競技大会」ですが、
今年も約30名の花火師たちが誇りをかけて競い合います。

5号玉部門、10号玉部門、スターマインの3部門で競われ、
それぞれに見ごたえある花火を楽しむことができます。

中には、余興のための花火、音楽との融合を楽しむミュージック花火、
企業との協賛花火もあるので、見物する側も大興奮間違いなしです。
最後のフィナーレまでその興奮は収まることがないでしょう。
その打ち上げ数は12000発にも及びます。

そんな大量の花火、せっかくならいい場所で見たいですよね。
でも、メイン会場などは有料席を取れた人や、大勢の人でごった返しているし、
見づらくなってしまうことも。

「やつしろ全国花火競技大会」の知られざる鑑賞スポット

そこで、穴場となるのが八竜山自然公園がおススメなんです。
この公園は夜景が見える公園として人気のスポット。
加えて、「やつしろ全国花火競技大会」の花火が
綺麗に見える場所としてひそかに注目されているんです。
車でも来ることができるので、家族連れやカップルに特におすすめですよ。

近隣にあるショッピングモールなどで飲食アイテムを買い揃えて、
ゆっくりと腰を据えて見るのもいいですね。
お手洗いなどの心配も少ないので、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

有料席はチケットサイトなどで購入可能。
しかし、毎年すぐに売り切れてしまうので要注意
です。

1年に1度の大花火大会。遠出してでも見てみたい、
一生ものの花火に出会えることでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top