トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

男の更年期障害〜知っておきたい症状と対策

スポンサードリンク

更年期障害は従来、女性だけのものと思われてきました。
ところが最近は、中年男性にもよく似た症状が起こることがわかっています。
男性の場合、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少していきます。
女性のエストロゲンほど急激な変化ではありませんが、それだけ症状が自覚しにくいともいえます。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

男の更年期障害の症状

手足の冷え、イライラ、動悸、息切れ、不眠など、女性と共通の症状がみられますが、なかでもとくに多いのは、疲労感や倦怠感です。
疲れがなかなかとれず、体力が落ちたと感じる人が少なくありません。

また、仕事や趣味に対する意欲や気力がなくなる、といった症状もよくみられます。
テストステロンは活力や積極性の源泉となるホルモンだけに、その減少が影響していると考えられています。
個人的な問題だけに人知れず悩み、自信を喪失したり、疲れや年齢のせいとあきらめてしまいがちですが、実は更年期障害のひとつであることが少なくありません。

季節の変わり目などは、ホルモンバランスの乱れから体調不良を起こしやすい時期です。
体温や心拍数などの調節機能がうまく働かず、よく風邪を引く、疲れがひどい、眠れない、イライラするなどさまざまな症状がみられますが、原因がよくわからない体調異変が続くときは、更年期障害の可能性を考えてみましょう。

更年期とは一般的に40代後半から50代後半を指すことが多いのですが、非常に個人差があります。

エストロゲンと比較すると、テストステロンについての研究はまだ遅れています。
しかし泌尿器系の症例などから、テストステロンの減少によって前立腺肥大症を起こしやすいことがわかっています。
そのため、さまざまな排尿障害はひとつのサインとみることができます。

また、テストステロンは発毛とも関係しているため、個人差はありますが、その減少によって脱毛が起こりやすい傾向もみられます。

男の更年期障害の対策

更年期を乗り切る対策として、ストレスの解消が重要になってきます。

更年期に多いストレスには、次のようなものがあります。

・仕事上での重責やリストラ
・家庭内の問題(夫婦の危機、離婚など)
・男性としての自信喪失

私たちのからだは、ストレスを受けるとさまざまなストレスホルモンを分泌します。
これが循環器系や呼吸器系、消化器系、免疫系などに影響するため、動悸、息切れ、食欲不振、疲労などをひき起こし、更年期障害を悪化させる原因となります。
また、エストロゲンやテストステロンなどのバランスをくずし、老化現象を早めることにもつながります。
そのためストレス解消は、更年期を上手に乗り切る基本ともいえます。

男女に共通しているのは、更年期のストレスは「自分の生き方や老後」にかかわるものが多いことです。
それだけ大きな課題ですが、自分の人生を見直し、これからを考えるいい機会でもあるのです。
その準備期間だととらえ、やりがいのある仕事や趣味、サークル活動を見つける努力をしたり、夫婦関係を再構築して新たな信頼関係を築く
ことが、ストレスの解消につながるのではないでしょうか。

男の更年期対策は食事も大切

また、更年期になると、それまでの食事の好みなどが固定化し、新しいものを食べない傾向があります。
そのため更年期に不足しがちな栄養分がとれず、症状を悪化させることも少なくありません。
更年期は高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症しやすい時期でもあるので、食生活をきちんと見直してみることが大切です。

男性のテストステロンの生成を補助するのが、ミネラルのひとつである亜鉛です。
亜鉛が不足すると、精巣や前立腺の働きが悪くなり、疲れやすくもなります。
亜鉛を多く含む食品には、牡蠣や魚介類、海藻類、ナッツ類、レバーなどがあります。
亜鉛は体内で吸収されにくい栄養素ですが、ビタミンCを一緒にとると効率よく吸収されます。
また、免疫力を低下させないためには、ビタミンB群・C・Eなどの抗酸化ビタミンも積極的にとる必要があります。

男の更年期障害の治療

日常生活に支障をきたすような症状の場合には、医師の診断を受けることも大切です。
最近は男性向けの更年期外来をもつ病院も増えています。

その治療のひとつとして「ホルモン補充療法」があげられます。
ホルモン補充療法とは、不足しているホルモンを補充することで症状を改善する治療法です。
男性の場合は、テストステロンを注射によって補います。
人によっては大きな改善効果がみられますが、知っておきたいのはリスクです。
前立腺がんや前立腺肥大症のリスクが高まるとされています。
したがって、事前に医師と十分に話し合い、ホルモン補充療法を行う場合には、定期的にがんなどの検査を受ける必要があります。

ホルモン補充療法ができない人や望まない人には、漢方薬や向精神薬、睡眠薬などによる治療も行われます。
漢方薬は、体質や症状によってはかなりの効果がみられます。
ただし、漢方薬にも作用が強いものや副作用があるものもあるので、自己流の使い方ではなく、医師の指導を受けるようにしましょう。

まだ十分知られていない男性の更年期障害ですが、正しい知識を身につけて適切に対処しましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top