トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

精神科・神経科・心療内科の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

心の病は、なるべく早く専門医に診てもらわなければ、病状はどんどん重くなっていき、治すのも大変になります。
うつ病などの場合は、自殺してしまう危険もあります。
しかし神経科や精神科など、普段あまり馴染みのない人も多く、実際に行ってみると、来ている他の患者さんも普通の内科などと特に変わりはなく、よく分からないままだと不安なものです。

165479

いざという時、一体どんな病院の何科に行けば良いのでしょうか。

精神科は精神疾患を専門に扱う科

精神科は精神疾患を専門に扱う科です。
精神科は「こころ」の症状や病気を扱う科であり、「こころ」の病気そのものを治療します。
例えば、強い不安、抑うつ、イライラ、幻覚、幻聴、妄想といった症状です。

精神症状、精神疾患に関する専門家が精神科医ですから、そういう病態の場合には、たとえ軽症であっても精神科が適当ということになります。

これにはうつや統合失調症はもちろんですが、神経症や不眠症も入ります。
そのような疾患で身体症状を伴う場合もありますが、基本的に精神疾患がメインであれば精神科ということになります。
精神科は、躁うつ病、統合失調症など、主に精神的な症状が強く現れる精神障害の治療を行います。

神経科は脳神経系の疾患を取り扱う科

神経科は脳神経系の疾患を取り扱います。
脳血管障害やパーキンソン病、ニューロパチーなどの神経の病気を扱う科です。
この場合の「神経」というのはいわゆる「神経が太い」とか「神経質」という神経ではなく、実際に筋肉などの組織につながって、信号を伝えたりしている実体のある「神経」のことです。

神経内科はそれほど混乱されることはないのですが、心療内科と精神科は紛らわしく、混乱があるようです。

ごく大まかに言ってしまえば、身体の症状がメインならば内科または心療内科、心の症状が主体ならば精神科ということになりますが、実際にはどちらか紛らわしい場合もあります。
紛らわしい場合にはどちらかに相談することで、より適切なところへ紹介される
ことになります。

心療内科は主に心身症を扱う科

心療内科は主に心身症を扱います。
心身症は身体疾患ですから、身体の症状が主訴ということになります。

様々なストレスが原因でおもに「からだ」に症状が現れる場合、その症状や病気を治療する科です。
例えば、強い動悸が続いたり、お腹の具合が悪くなったり(下痢・腹痛)、血圧が高くなる、喘息の症状が現れてくるといったことがあります。
それで内科の病院を受診して色々な検査をしても、「全く異常ありません」と言われて帰ってきたが、その後も症状はずっと続いているといった場合です。

内科的な病気は見つからなかったが、もし、最近強いストレスを感じる出来事があり、それ以降からだの調子が悪くなった、それまでは全くそんなことがなかったのにというようなとき、心療内科を受診されてみることをおすすめします。

なお、心療内科は、身体的な症状の改善を図るため「内科医」が担当することもありますし、症状が「からだ」と「こころ」の両方の領域にまたがっていることが多いため、「精神科医」が担当することもあります。

受診料の選び方の例

受診料の選択の例をあげると、

・身体の症状がメインだが、検査をしても異常がない、あるいは、経過からストレスなどが関連していると思われる。
⇒ 心療内科

・不眠や不安、イライラ、抑うつ、幻覚など、心の症状がメインである。
⇒ 精神科

・身体の動きがおかしい、ふるえる、傾く、力が入らないなど神経の異常が疑われる。
⇒ 神経内科

・身体の症状と心の症状が同じくらいあり、どちらがメインか区別がつかない。
⇒ いろんな可能性があるので、まずは内科を受診して器質的な疾患を除外する。
あるいは、内科・心療内科・精神科のうちのいずれかにまずは電話で適切かどうか相談する。

・最近ストレスを強く感じることがあり、それ以降身体の調子が悪くなったが、それ以前は全くそんなことがなかった。
⇒ 心療内科

といったことになります。
もちろんこれ以外にもいろんなケースがあります。

また、施設によって独自の事情もあるので、これが全てに当てはまるというわけではありません。

精神科、神経科、心療内科の違いについて知らなければ受診できない、ということではありませんが、選択に迷うことも多々あるでしょう。
そんなときは、無駄足を運ぶ前に、まずは医療機関に電話で問い合わせをしてみることをお勧めします。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top