トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

鞍馬の火祭 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

京都の三大奇祭の1つに 「鞍馬の火祭」が挙げられます。

歴史と伝統を重んじる、京都ならではといったお祭りですが、府外の人にはあまり馴染みがないかもしれません。

kurama

鞍馬の火祭 2015年の日程は10月22日(木曜日)

開催日は毎年変わることがなく、2015年も
・日程 10月22日(木曜日)
・時間 18:00ごろ~
・場所 由岐神社(ゆきじんじゃ)周辺(京都市左京区)

となっています。

鞍馬の火祭は、およそ1000年の歴史があると言われています。
始まりは平安時代の天慶年間(10世紀)に、朱雀天皇が御所内の由岐明神を鞍馬の地に御遷宮された時と伝えられています。

当時は、大地震や争いなどが頻発しており、京都の北側の守護にも不安がありました。
それらを懸念した朱雀天皇が御所の中にあった由岐明神の御遷宮を決意したのです。
御遷宮の際、道々にかがり火が焚かれ、1kmにも及ぶ長い行列が組まれました。
その光景に鞍馬の人々は感激し、その姿を祭として残そうということで始められたのが鞍馬の火祭です。

鞍馬の火祭の見どころはかがり火中での神輿の練り歩き

鞍馬の火祭は文字通り、炎の祭典でかがり火の炎の中の神輿の練り歩きがメインです。
大小さまざまな大きさの松明を持って町内を練り歩くさまは、豪快そのものです。

祭礼は朝9時頃、由岐神社本殿で始まります。
厳かに雅楽が流れる中、まつられている由岐明神に祭が盛大に行われ、無事に終わることをお願いします。

由岐大明神・八所大明神が2基の御神輿に御遷りになられ、
その後2基の御神輿は仁王門前の石段下に安置されます。

そして18時頃、「神事にまいらっしゃれ~」という威勢のいい掛け声のを合図に各戸のかがり火に点火します。
やはり松明に火が灯ってからがこのお祭りの本番です。
小さい子が持っている小さい松明から、大きな松明へと順番に火が移されていきます。
最後に大松明に点火です。

その後、大松明を担いだ若者たちが町内を練り歩きます。
この練り歩く時の掛け声が「サイレイヤ、サイリョウ」(祭礼や、祭礼の意)です。

20時頃、徐々に鞍馬寺山門前の石段前に大松明が集ってきます。
21時頃には、200本近い松明が山門下の石段の所に集合し、掛け声も大合唱になりお祭りも最高潮になるのです。

その後、山門前にはられたシメナワが伐られると松明を以て集まっていた若者たちが松明をおいて由岐神社への石段を駆け上がり、いよいよ神輿が下ってきます。

八所大明神、由岐大明神の順序で急な参道を、スピードが出過ぎないように注意しながら下ってきます。
この神輿の綱を牽くと 安産になるという言い伝えがあるので、若い女性も多数参加しています。

さらに神輿の担ぎ棒にはふんどし姿の男性がぶら下がり、逆さ大の字に足を広げます。
これは 「チョッペンの儀」と言われ昔の元服、今でいう成人になるための儀式とされています。

そして神輿は集落の中を練り歩き、御旅所に安置されます。
神楽が奉納され、神楽松明が境内の練り歩きを終了させるのが24時頃です。

翌日の2時頃に神輿が御旅所から神社に戻る「還幸祭」が行われ、祭りは終了します。

鞍馬の火祭は時代祭と同じ日

鞍馬は小さな集落ですが、そこへ祭りの1日に数万人の人が押し寄せます。
同じ日に開催される時代祭を見てから移動する人が多いので、その時間帯の混雑ぶりは尋常ではありません。

時代祭を早めに切り上げて、鞍馬へ向かうようにしましょう。

そして、車では会場に入れませんので、
祭りの会場周辺には駐車場はありません。

鞍馬の人達にとって、鞍馬の火祭は神事として大切にされています。
祭りに使用される太鼓、松明、御輿などは「神が宿る」とされており、関係者以外が触れることは禁じられています。

そばに来たからと、うっかり手を出さないように気を付けて下さい。

10月後半といえば、京都では 紅葉も楽しめるスポットもたくさんあります。
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top