トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

灘けんか祭り 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

灘けんか祭りとは、兵庫県の指定重要無形民俗文化財・姫路市指定重要無形民俗文化財のひとつで、松原八幡神社で行われる秋の祭事です。

images (1)

灘けんか祭りの2015年の日程は10月14日(水)、15日(木)

日程は毎年同じで、今年2015年も10月14日(水)宵宮、15日(木)本宮となります。

古い神輿をぶつけ合うことから「天下の奇祭」などと言われています。
日本全国数ある「けんか祭り」の中でも最大規模のけんか祭りと言われ2日間に渡って行われます。

灘けんか祭りの歴史

灘けんか祭りの歴史は古く、例祭の原点と言われる「放生会」は11世紀ごろから行われていたと言われています。

松原八幡宮の放生会は、近くを流れる放生川で捕えた魚介類を解き放つ儀式でした。
各村ごとに壇尻や屋台を作って参加するようになりましたが、そこで口論などが多発し、統制が取れなくなってしまいました。

明治維新時、神仏分離令によりそれまで祭事を執り行っていた八正寺が神社から切り離され、源悪を奏し優雅に行う神事が氏子主体の灘まつりとなって様式が激変しました。
屋台は主役になり、豪華になって祭事を盛り上げます。
長い間耐え忍んだ氏子の想いが詰まった祭りが灘けんか祭りなのです。

灘のけんか祭りの見どころは「練り合わせ」

灘のけんか祭りの見どころは、やはり屋台同士がぶつかり合う「練り合わせ」です。

14日の宵宮では、男衆が姫路市南東部の海岸7地区を代表して、7つの大きな屋台を担いでそれぞれの村の中を回り、松原八幡神社へと赴きます。

その神社の門である「桜門」は、屋台の方もそれに負けず劣らずの大きさです。
これを飾り付けが取れないよう、引きずりながら慎重に門をくぐります。

この屋台が7つすべて神社の中に入れば、
今度はそこで屋台が担ぎ上げられ、動き回ります。

1番の見どころは2日目の神輿のぶつかり合い

7台の屋台がぶつかり合う初日も激しさはあるものの、やはり1番の見どころは2日目です。
一番軽いものでも300㎏はある神輿がぶつかり合います。
屋根が壊れても擬宝珠が外れても体制が整えばすぐにぶつかり合います。
これが「けんか祭り」の語源です。

壊れかかった神輿を御旅山へと運ぶ道の両側は段々畑になっており、野球のスタンドのように人が座っています。
その数約15万人と言われています。
その中を歩く一行の先頭は松原の露払い壇尻です。独特の音色の太鼓を叩きながら進みますが、持ち上げられ、叩き落されても叩く事を止めません。
悪霊を払い、祭りの無事を祈るためのものだそうです。

「一の丸」品陀和気命(ほんだわけのみこと)、「二の丸」息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、「三の丸」は比咩大神(ひめおおかみ)と呼ばれる神が乗り移る3基の神輿が進み始めると大歓声が上がります。

既に壊れかけなのにもかかわらずここでもぶつけ合います。
とにかくお互いの神輿を壊せば壊すほど神様の思いに応えているので、遠慮なんてものは微塵もありません。
大勢の人々が見ているなか、神輿が三つ巴の戦いを展開していきます。
そして、神輿の後を屋台が続き同じようにぶつけ合います。
その後神事が執り行われ、最後まで屋台をぶつけ合った屋台が各村へ戻って行くと祭りは終わりを迎えます。

このように、至近距離では危険と隣り合わせなお祭りでもあるため、「桟敷席」と言う観覧席が用意されています。

しかし桟敷席は、地元の人のみが抽選を経て手に入れることができるので、地元の方に招待されない限り、一般の方は座ることはできないのです。

さらに、料金は公表はされませんが、練り場に近いところだと、2日で7~15万円、少し遠いところでも2~3万円と言われています。

もちろん立ち見は無料です。
また御旅山に登ってしまえば、山頂で練り子さんたちが屋台を担いでくるのを見られます。

地元のTV局・姫路ケーブルテレビでも祭りの様子が放送されるので、屋台と神輿が織りなす激闘をじっくりと堪能できます。

2日間にわたって行われる灘けんか祭り。
迫力満点のお祭りを一度ご覧になってはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top