トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

背中ニキビが治らない!治療とケアの意外な盲点とは?

スポンサードリンク

薄着の季節が近づくと、普段は見えていなかった部分の
お肌の状態にも気を遣いますよね。

特に、体の部位で悩みが多かったのが背中にできたニキビです。
背中ニキビは、なかなか発見しづらいものでもあります。
鏡をよほどじっくり見たり、体を洗うときに手で触れたりしなければ、
そこにニキビができていることさえ気づかないかもしれません。

147499

また、ニキビができているなんて思わないので、
ふいにひっかいてしまうと、痛みでビックリするなんてことも。

しかし、背中ニキビも、他の場所にできるニキビと同様に、治らないものではないのです。
適切な治療やスキンケアを行えば、後も残らずに綺麗に治ります。

背中ニキビの原因

そもそも、背中ニキビの原因は、ホルモンバランスが乱れていること
そしてホルモンのバランスが乱れる根本的な原因は、
睡眠不足や食生活の乱れ、ストラスなどが積み重なることで起こるのです。

そして、背中の肩甲骨付近には、皮脂を分泌する皮脂腺が多く分布していて、
ホルモンの乱れにより、皮脂がたくさん分泌されてしまいます。
そうなると、毛穴がふさがり、皮脂をエサにして雑菌が繁殖して、
背中のニキビにつながってしまうのです。

では、そんな背中ニキビを治すにはどうしたらいいのでしょうか。

背中ニキビを治すには?

それはやはり、ストレスなどを軽減して、体をしっかりと休めてあげることです。
普段から、脂っぽいものやお菓子などを多く食べている人は、
食生活も見直してみるといいかもしれません。
野菜や海草でビタミン・ミネラルを多くとり、
食物繊維で老廃物を体の外へ出せる体にしてみましょう。

また、着る服や、下着、布団なども清潔にしておくと、
雑菌の繁殖を防ぐことができます。
肌に触れるインナー類は、特に毎日キレイなものを身に着けるようにするといいでしょう。

さらに、日常生活で気を付けたいのが、
ボディソープやシャンプー、トリートメント類の洗い残し
です。
特に、ヘアケアアイテムを洗い流すときに、背中に流れたものが残っていると、
またそれが雑菌のエサになってしまいます。
ぬる付きやベタベタ感がないかを確認し、しっかりと洗い流すようにしてみましょう。

ストレスをなくして、生活環境を良くしても、
お風呂での洗い残しがあって、なかなか治らないということもあります。
意外と見失いがちなポイントなので、注意しておくといいかもしれませんね。

それでもなかなか治らないときは、ニキビが重症化していることも考えられます。
知らない間に炎症を起こしていることもありますので、
そういった場合は皮膚科の受診もおススメです。

洗顔石鹸

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top