トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

さっぽろオータムフェスト 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

さっぽろオータムフェストは、2008年から始まった「北海道・札幌の食」をメインテーマとし、毎年約130万人もの人が来場している食の祭典です。

今や札幌の大きなイベントの1つとして定着しています。

ダウンロード

さっぽろオータムフェストの2015年の日程は2015年9月11日(金)~10月4日(日)

今年の日程は
2015年9月11日(金)~10月4日(日)

開催時間は
10:00~20:30
(ラストオーダー20:00)

10月4日(日)のみ14:00~20:30(予定)
となっています。

さっぽろオータムフェストは、石狩川流域をはじめ、北海道全域の農産物、秋の海産物を使い、生産者や料理人、醸造者などの作り手の顔が見えてくることで、とてもぬくもりが感じられるお祭でもあります。
そしてその美味しい食べ方を知っている市民と、フェストに訪れる方々がこの街の生活を祝うお祭なのです。

さっぽろオータムフェストの見どころは会場別のグルメイベント

また、1丁目、4~8丁目、10丁目、11丁目と会場別にわかれており、どの会場にもそれぞれ魅力的なテーマがあり、訪れる人を楽しませます。

1丁目会場~さっぽろオクトーバーフェスト~
札幌の姉妹都市、ドイツ・ミュンヘンで開催される世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」を再現します。

4丁目会場~SAPPORO WELCOME PARK~
さっぽろオータムフェストの入口として、会場案内、観光情報の案内やおすすめグルメのご紹介などを行うほか、札幌や北海道を代表した秋の味覚を幅広く提供します。

5丁目会場~北海道の新・ご当地グルメ& HOKKAIDOラーメン祭り2015~
北海道内各地の特色を生かした「新・ご当地グルメ」や道産小麦麺を使用した「ラーメン」などを提供します。

6丁目会場~はーべすとバザール~
「札幌市内の食」をテーマに、「スープカレー」や「さっぽろスイーツ」などを提供するほか、夜はスタンディングバーも登場します。

7丁目会場~大通公園7丁目Bar~
北海道産の日本酒やワインなどのお酒と、お酒によく合う道産食材を利用した酒肴(おつまみ)を提供します。

8丁目会場~札幌大通ふるさと市場~
北海道内の100を超える市町村がまちのPRを兼ねて、地域自慢の特産品の販売などを行います。

10丁目会場~Oh!ドーリファーム~
北海道の宝である一次産品を「もっと美味しく魅せよう・食べよう」というテーマで、野菜や果物などを美味しく提供します。

111丁目会場~World Food Park~

「札幌・北海道の食と世界の料理」をコンセプトに、札幌市内で人気のフレンチやイタリアンが楽しめるほか、世界各国のワインやワインに合う一品をおしゃれに提供します。

そしてオータムフェストのエンブレムは、「秋」をイメージさせる図柄で、やさしい色合いの繊細なデザインを基調としています。
オータムフェストのシンボルであるコスモスは、秋の晴れた空の下、さわやかな風に揺れる美しく愛らしいイメージです。

さらに、エンブレム上部に配置した星は、北天の一つであるカシオペア座(北極星を見出す目印)で、開拓を意味します。

そんな魅力あふれるさっぽろオータムフェストですが、やはり夜と休日はかなり混雑します。

9月の北海道と言えども、まだまだ暑さはあります。
その中での人混みであったり、会場にならぶ行列を想像すると気がひけてしまうかもしれませんが、平日の午前中か、雨の日を狙うと、大混雑は避けられるかもしれません。

北海道を中心に活躍しているタレントの大泉洋さん曰く、「雨の日にオータムフェストに行ったら、席もガラガラだった」そうです。
雨模様の時を狙えば、人気タレントでも普通に行けるくらい空いてることもあるようです。

食べ物スペースの他にも、音楽などのステージイベントや、陶芸・ガラス細工なども物販も行われています。

期間も約3週間と長めに開催されているので、ぜひ足を運んで北海道の魅力を感じてみて下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top