トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

おわら風の盆 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

暑い夏が続きますね。近年では、7月や8月だけでなく、
9月になっても暑い日が続き過ごしにくいなあと感じることもしばしばです。

まだまだ夏は終わらないそんな9月。
暑い暑いと言っているだけではもったいない!
来るべき秋の気配と、夏の終わりの涼しさを感じられる、富山県への旅はいかがでしょうか。

北陸新幹線が開通し、関東地方からでも、北陸方面への旅行がしやすくなりました。
そんな北陸への旅行の目的として特におすすめなのが、
富山県・八尾のお祭り、「おわら風の盆」です。

kazenobon

「おわら風の盆」は来る秋の豊作を祈念したとか、9月の厄落としのためとか、
いろいろな説があるお祭りです。

たくさんの踊り手の皆さんが輪になって踊ったり、
伝統ある街並みを練り歩く姿が特徴的です。
衣装は浴衣と編み笠。とてもシンプルですが、
これが「おわら風の盆」の伝統を感じさせてくれます。

「おわら風の盆」2016年の日程

そんな「おわら風の盆」、2016年も通常通り開催される予定です。

○2016年9月1日(木)~3日(土)
○1日、2日の町流し(踊り)は、15時〜23時まで
○3日の町流しは19時〜23時まで
○8月20日〜30日は、11の地域で一日ずつ前夜祭を開催

上記のようなスケジュールとなっています。

涼しくなる夕方から夜にかけて、ゆったりと踊りながら街を歩く。
とっても素敵なお祭りですね。

「おわら風の盆」の見どころはやはり踊り

そんな、「おわら風の盆」ですが、やはりその踊りを見るのが一番の楽しみではないでしょうか。
伝統的な踊りではありますが、時代を重ねて、地域が発展していくごとに、
踊りの様式も洗練され、祭り自体も進化してきています。
まさに、今の時代にしか見られない踊りを、この瞬間に楽しめるのが見どころです。

踊り手の皆さんの手の動き、足の運び、
周りのお囃子の音色にも注目してみるとおもしろいですよ。

また、男踊りと、女踊りとがあり、それぞれのギャップも見ていて面白いです。
大きな動きが迫力ある男踊りと、女性ならではの落ち着きのある女踊り。
ぜひ、見比べてみてくださいね。

祭りの開催地である八尾までは車が便利

さて、北陸新幹線が開通したとはいえ、富山駅から祭りの開催地である八尾までは、
車を使わないと不便です。
交通量が非常に多くなるので、ギリギリの行動は避けた方がいいです。
駐車場も用意されていますし、シャトルバスも運行する予定です。

交通規制のかかる時間帯もあるため、それらの情報に気を付けながら、
祭りに向かうことをおススメします。

夏と秋の境目を、体と心で感じられる「おわら風の盆」。
ぜひ、一度訪れてみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top