トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

青森ねぶた祭 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

雨の多い季節になってきました。
空の色が暗いことが増え、気分もスッキリしませんね。
しかし、そんなじめじめと続く梅雨が終わると、ついに夏がやってきますね!

夏と言えば、海や山へのレジャー、夏にしかできない遊びが盛りだくさん。
子供も大人も、みんなで盛り上がることのできる楽しい季節です!

そんな夏の風物詩として、日本一有名と言っても過言ではないイベント。
それが、「青森ねぶた祭」です。

nebuta

東北・青森県は涼しそうなイメージがありますが、ねぶた祭りのときは、日本で一番暑い、そして熱いのではないでしょうか。
ねぶた祭りが行われる日の青森県には、毎年何百人という観光客も訪れ、
様々なねぶた(山車・だし)と、ハネト(跳人・踊りを踊る人々)の共演を楽しみます。

青森ねぶた祭 2015年の日程は8月2日〜7日まで6日間

さて、そんなねぶた祭りが、今年2015年も滞りなく開催される予定です。
開催日程は、毎年曜日に関係なく決まっており、今年も8月2日〜7日まで6日間の開催です。
各日・19時頃〜21時頃に、ねぶたの練り歩きが行われます。
また、8月1日には前夜祭の開催も決定しています。
雨天の場合も、あまり激しく振っているのでなければ問題なく開催されます。

見どころは豪華絢爛、見る人を圧倒する「ねぶた」

とても熱いこの1週間のねぶた祭りの見どころと言えば、やはり豪華絢爛、見る人を圧倒する「ねぶた」!
ひとつひとつが職人の手作りであり、ひとつとして同じものなどないねぶたの数々は、是非見比べてみてほしいポイントです。

あちこちに数々のねぶたが配置され、スタートの合図で練り歩く。
このスタイルが、今のねぶた祭りの特徴でもあります。

ねぶたは見るだけでなく飛び入り参加も可能

そんな、ねぶたを見るのもいいですが、自分も一緒に参加できちゃうのも、このお祭りの素敵なところです。
参加するってどうやって?と思うでしょうが、ずばり「ハネト」になってお祭りを盛り上げることができちゃいます!

ハネトの衣装がデパートやレンタルショップで用意されているので、これさえ用意すれば参加OK!
中には、自由参加できない団体さんもあるため、事前にしっかりとチェックする必要がありますが、基本的に飛び入り参加可能です。
ねぶた祭りの熱さをさらに盛り上げる一員として、ガンガン踊っちゃいましょう!

祭り期間は、青森県内の公共交通機関での移動がおススメです。
遠方からでも、飛行機、新幹線の後に、バスを利用しましょう。
わくわくする気持ちを抑えて出かけ、着いたら爆発させちゃいましょう!

最後の花火の合図が鳴り響くまでの時間、日本で一番暑い夜を、是非一度体験してみてください!

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top