トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

突発性難聴 名医がいる東京の病院を教えます

スポンサードリンク

「突発性難聴」を知っていますか?
難聴というと、耳の聞こえが悪い状態のことですが、
「突発性」とついていることからも解るように、
この病気は突然耳が聞こえなくなっている状態を指します。

fc9eac9148edd8730269d28f52b24a7e_s

突発性難聴の特徴

突発性難聴の特徴は、
・目を覚ますと片方が聞こえなくなっている。
・めまいがしたと思ったら、聞こえなくなった。
・耳鳴りと同時に聞こえにくくなった。

などがあります。

最大の特徴は、症状が出る前日などには、何の病気もしていない、
いたって健康だったのに突然起こる。ということです。
(まれに、風邪などが引き金になることもあります)

その原因も定かではなく、ストレス、睡眠不足、疲れ、
またはウイルスによるものだとも言われています。
原因がはっきりと特定できないため、治療方法も確実なものがありません。

点滴などによる「副腎皮質ホルモン」の投与、それからの絶対安静が、改善への一番の近道です。
そういった治療を施せば、1週間ほどで快方に向かうということです。

その治療を一刻も早くすすめるために大切なのは、難聴に対する知識が豊富である名医を探すこと。
いい病院にかかることは、それだけ治療の効果を確実なものとしてくれます。

では、突発性難聴に対する効果的な治療ができる、東京都内の病院をいくつがご紹介したいと思います。

・東京医科歯科大学医学部付属病院

こちらの、耳鼻咽喉科にいる喜多村健医師は、難聴や内耳の病気に関する名医とされています。
特に、難聴の研究が専門のため、他の耳鼻咽喉科よりも、適切な対応をしてくださると評判です。

突発性難聴に対する治療も、新しい方法を見つけていたりと、突発性難聴を抱える患者さんからはとても頼りにされている一人です。
かかりつけの病院で治療が難航した場合に、紹介状があるとスムーズに診てもらえるとのことです。

・JCHO東京新宿メディカルセンター

こちらの病院の、石井正則医師は、テレビ番組で健康法を解説していたりと、有名な医師の一人です。
耳鼻咽喉科の医師であると同時に、健康法としてヨガを取り入れており、呼吸法などと一緒に指導もしています。
呼吸が落ち着くと、体も心も落ち着くため、ストレスを感じてはいけない突発性難聴の治療に、効果があるとされています。

ストレスが多いとされる現代において、また高齢化が進むこともあり、突発性難聴の患者は増えています。
自分は大丈夫だと思っていても、知らない間に耳が危険信号をだすこともあり得ます。

そんなときでも、ここに行けば大丈夫、という安心感の大きい病院をあらかじめ知っておくことは、心の余裕にもつながります。

いざというときに、驚かないように、慌てないように、身近になりつつある突発性難聴を知り、見てくれる病院をしっかりと見極めておきたいものですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top