トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

若年性の小児脳腫瘍の症状と原因 知っておきたい知識

スポンサードリンク

とっても怖い小児脳腫瘍、その症状や原因をご存知でしょうか?

いつかかるか分からない、そういった病気ですので、予備知識などを知っておきたいですよね。

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

まず、子供(小児)の脳腫瘍というのは、成人の脳腫瘍と比べ、腫瘍の種類だったり好発部位が異なりますので多くはその症状経過も成人の場合と異なってきます。

小児脳腫瘍とは

こちらの脳腫瘍ですが、本当に怖い病気です。

15歳未満の小児がんの中では、白血病の次に、発症数が多いとされているがんであり、がんによる死亡が2番目に多いものとなっています。

しかも大抵の場合、脳腫瘍の発症する原因の方は不明となっていますので、原因が分からないのがまた怖いですよね。

小児の脳腫瘍の症状なんですが、半数近くが小脳だったり脳幹などに存在することから、脳脊髄液の通過障害により水頭症などをおこしやすい、ということになります。しかしながら、脳内に水の貯留があったとしても、頭の中の圧である頭蓋内圧の上昇が小児のため、あまりみられず、単に不機嫌であったり症状は軽い歩行障害以外にはみられないこともあるんです。

小児の脳腫瘍の中には種類があり、まずは星状細胞腫という発症が最も多いです。さらには次いで髄芽腫、そして上衣腫となっています。

症状はあまり見られないこともありますが、頭蓋内部の圧力である、頭蓋内圧が上昇することにより、症状が生じることもあります。

たとえば、腫瘍が脳内の脳脊髄液などの流れを遮っていたり、あるいは腫瘍が占めている領域がとても大きい場合なんかは頭蓋内圧の方が上昇することがあります。
これにより、頭蓋内圧が上昇すると、重い症状が見られます。

まずは頭痛や、吐き気や嘔吐、そして視覚障害だったり気力低下さらには協調運動障害、平衡障害などの症状が生じます。特に、吐き気やおう吐は小児が目覚めたときに生じやすくなっています。

そして、視覚障害ですが、こちらは複視だったり、さらには眼球を上に向けることができなかったりなどの症状が見られます。

さらに、気力低下とありますが、こちらは気分や意識レベルなどの変化が現れます。たとえば、怒りっぽくなったり、その逆に元気がなくなったりします。または、錯乱したり、うとうとする場合もあります。

主要が生じた、脳の部位によりこれらの様々な症状が生じてきます。

さて、こういった小児の脳腫瘍ですが、どのように診断されるのでしょうか?

まず、通常ではMRI検査、そして生検の結果に基づき診断することが多いです。

小児脳腫瘍の治療法

さて、この脳腫瘍の治療ですが、まず手術があります。そのほかには通常のがんと同様、放射線療法や化学療法などになります。そして場合によってはこれらを組み合わせたりして行います。

このように、手術、または放射線療法が主体となっています。
組み合わせて治療する場合は、十分に手術にて、摘出を行った後に、その後放射線療法を行うとさらに効果的な治療になるといわれています。

さらに、放射線治療をした後に、化学療法剤を併用することにより予後がよいと考えられているんです。

怖い病気である小児脳腫瘍、予備知識を知っておいてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top