トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

交感神経と副交感神経の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

健康の話をするときに「交感神経」「副交感神経」という言葉が出てくることがありますね。
みなさんはその違いはご存知でしょうか?
そこで、今回は交感神経と副交感神経の違いについて調べてみました。

3984918d75bbbfa4762d9f7b0044f2ec_s

交感神経と副交感神経ですが、どちらも自律神経にあたります。
自律神経は大脳の働きに関係なく、自分の意思で動かすことができないもので、心臓などの人間の臓器が動いているのも自律神経のおかげです。

さらに、この自律神経を2つに分類したのが、「交感神経」と「副交感神経」です。

交感神経は「昼の神経」、副交感神経は「夜の神経」

俗に交感神経は「昼の神経」、副交感神経は「夜の神経」と呼ばれます。
交感神経は昼間活発に身体を動かしているときに活動する神経です。

交感神経が働くと、脈拍が速くなったり、血管が収縮して血圧が上がるなど、身体が活発に活動します。

また、興奮したときや恐怖を感じたとき、悩みや不安、ストレスがあるときなど、激しい感情の起伏が生じたときも交感神経は活発になります。

副交感神経は上記の症状と全く逆の状態を言います。

たとえば、睡眠時のように身体の緊張がほぐれているときがこれにあたります。

副交感神経が働くと、脈拍などは遅くなり、血圧も下がります。

このようにエネルギッシュなときを「交感神経」が働いている状態、リラックスしたときを「副交感神経」が働いている状態、つまり「動と静」の関係と考えればいいでしょう。

「交感神経」と「副交感神経」を良好に保つには生活のリズムを乱さないよう心がけること

自律神経失調症という病気がありますが、これは「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れている状態を指します。

普段の生活では、入浴や適度な飲酒も「副交感神経」の働きを上げるのに効果的です。

「副交感神経」が働かないと、不眠に悩まされたりして、睡眠不足になりがちです。
そのため、本来は「交感神経」が活発になる昼間の活動にも悪影響を及ぼします。

「交感神経」と「副交感神経」の働きは、人間の健康や活動に欠かせないものです。
両方の働きをよく知ってコントロールできるようにすると、快適な生活が送れるようになります。

そのためには、生活のリズムを乱さないよう心がけることが大切です。
ぜひ規則正しい生活を送って下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top