トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

夜泣きがひどい赤ちゃんの対策と改善法

スポンサードリンク

子育てをしていて、赤ちゃんが夜泣きをするということで悩んでいるお母さんは少なくないと思います。

赤ちゃんが夜泣きをするとママは睡眠時間もなくなりますし、昼間のお世話もありますので疲労がたまりますし、睡眠不足で悩まされているという方も少なくありません。

夜泣きは本当につらいですし、夜ぐっすり寝てほしい…ということを考えている人は多いと思います。
そこで、夜泣きがひどい赤ちゃんの対策、そして改善法についてご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

095004

まず、夜泣きがある、ない子というのは個人差があり、赤ちゃんの中には朝までぐっすり一度も起きない子もいれば、夜何度も起きて夜泣きをするという赤ちゃんも存在します。

これは個人差があり、ある程度個人差があるものであると受け入れ、ほかの赤ちゃんと比べないということも大切です。

基本的には、夜泣きがある、ないも個性であり、この個性というものを受け入れて、赤ちゃんがお昼寝をしていたり、少しでも寝ているときに自分も休む、ということをしていくしか方法はないとされています。

しかし、対策をしたり、改善をすることによって少しでも改善されたという例もあるようなのでこうしたものをご紹介したいと思います。

夜中の授乳は止める

まずは、夜中に授乳を行っている場合は、ただちに夜中の断乳をして、そしておっぱいをあげないということを試みてみることをおすすめします。

生後7か月以降、離乳食を食べるようになっていれば、基本的に夜中の授乳はいらない、とされています。

ですので、まだ夜中におっぱいをあげている場合は、やめてみること、添い乳などもやめてみることをおすすめしたいと思います。

断乳してみることで、驚くほど寝てくれるようになったという赤ちゃんもいますので、まだ試してない方はぜひ試すことをお勧めします。

生活リズムを整える

さらには、日中よく外に外出したり、散歩をしたりして遊ばせて疲れさせてあげること、生活リズムを整えることです。

昼夜逆転している赤ちゃんというのは夜に起きやすいとされています。
ですので、日中は日の光をたくさん浴び、そして疲れさせて、夜にはぐっすりと眠るように心がけてあげましょう。

朝起きるのが遅い場合は、少し早起きをして、そして散歩に出てみるなど工夫をしてみて、生活リズムにメリハリをつけることによって、夜泣きが落ち着く場合が多いです。

まだ歩かない赤ちゃんでも、外の空気にさらすことによって、刺激を受けますし、疲れるとも言われています。

ですので、こうしたことを日中に心がけるようにしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
赤ちゃんの夜泣きには個人差があり、対策をしてもやはり夜泣きは収まらない、という場合もあるようです。

あまりにもひどい場合は、小児鍼などの鍼灸治療もありますのでこういったものを利用してみることも一つの方法です。

小児科医に相談をしてみたりなど、色々な方法がありますので、こうしたものも試してみることをおすすめしたいと思います。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top