トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

博多どんたく港まつり 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク中に開催されるイベントで、最大級の人出を誇るイベントというのが博多どんたく港まつりとなっています。

こちらは、博多で毎年5月上旬に開催されるお祭となっています。

国内外からなんと約200万人以上の方が訪れ、博多の街が熱く盛り上がるというイベントです。
2015年はなんと54回目の開催というから歴史も伝統もあるお祭りとなっています。

そんな博多どんたく港まつりの由来だったり、さらには2015年の日程と見どころなどについてご紹介したいと思います。

dontaku

博多どんたくの起源ですが、こちらは、「博多松囃子」と呼ばれる、年の初めに行われているお囃子や芸事となっています。
ですので、歴史があり、600年から800年近い伝統がある祭りであるということがわかりますね。

博多どんたくの2015年開催日程は5月3日・4日

博多どんたくは、毎年同じ日に開催されており、今年の開催日程は、5月3日・4日となっています。
今年2015年は、5月3日が日曜日、5月4日が月曜日になりますので、ゴールデンウィーク中楽しむことができます。

また、正式にはどんたくの日程には含まれていませんが、前日の2日には前夜祭というものも行われます。

前夜祭は福岡国際センターというところで行われ、さらには古典どんたくの演舞だったり、さらには歌謡ショーが楽しめるんです。

前夜祭は入場無料ですが、事前に配布される整理券が必要となります。
4月下旬ごろに福岡市内で配布されるとされています。

見どころは「どんたくパレード」

博多といえば「どんたくパレード」を見逃せません。どんたくパレードは、広い明治通りを通行止めにし、そして「どんたく広場」とし、その場所で行われるようです。

「松囃子」のお囃子から行進が始まり、そして、警察音楽隊などに続いて登場するのが「花自動車」となっています。

これは、パレード用のバスをきれいに飾り立てたもので、さらには例年、戦隊ヒーローだったり、アニメキャラが登場するようです。

花自動車のあとは、古典どんたく隊からはじまって、さらには各地域や一般参加のどんたく隊が踊り歩くようです。

地元企業のみなさんや、仮装行列だったり、サンバ隊などが入り混じり、見ていて飽きることはないパレードとなっています。

どんたくパレードは、初日は13時から19時ごろまで開催され、さらには2日目は15時から20時ごろまで続きます。

パレード見物は誰でも無料で見られますが、見物場所は道路わきになりますので、場所取りをして、座ってゆっくり見物する方も多いようです。ですので、当日はシートで場所取りが必須です。

見るだけのどんたくはつまらないのであれば、2日目の「総踊り」に参加することもおすすめです。

例年18時を過ぎると、フィナーレとしてなんと飛び入り参加OKの「総踊り」が始まります。
皆が自由に踊る盆踊りが一つの見どころとなっています。

博多どんたく港まつりは、開催期間中は、博多の各地で行われています。どんたく広場で行われるパレードですが、呉服町交差点〜福岡市役所にかけての明治通りにおいて行われます。

いかがでしたか?国内最大級の集客数を誇る博多どんたく、ぜひ参加してみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top