トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

飲む前に知っておきたい!メチルエフェドリンの効果と副作用

スポンサードリンク

皆さんは、なんとなく風邪をひいてしまったときは風邪薬を飲むと思いますが、それほど細かく成分などを見ていないということも多いと思います。

しかし、こうした風邪薬一つでも成分には色々なものが含まれていて、こうした成分というものをきちんと確認してから飲まないと副作用などが合ったりもあり得ますので、薬を選ぶときは慎重になることが必要です。

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

メチルエフェドリンの効能とは?

メチルエフェドリンもその一つで、この薬は気管支を拡張させ、そしてせきなどを鎮めるといわれています。

気管支に炎症が起きるとゼーゼーという音がでたり、発作を起こしたりもすることが起こります。
気管支が狭くなると、こうした症状が出やすくなるといわれているようです。

ですので、咳がたくさん出て苦しいとき、さらにはたんが絡んでつらいときなどに飲むことが多い薬となっています。

子供の風邪などに用いられることも最近では多いですし、咳がたくさんでる場合に処方される薬の代表的なものの一つとなっています。

気管支を拡張させ、咳をしずめる効果のほかには、また、アレルギーの原因となっているヒスタミンの作用などを抑える効果もあるようです。

ですので、こちらの薬ですが、通常は、急性気管支炎、慢性気管支炎などに用いられますが、さらには、気管支喘息、感冒だったり、さらには肺結核、上気道炎に伴う咳などの際にも用いられるとされています。

さらには、ヒスタミンの作用などを抑えてくれますので、蕁麻疹、湿疹の治療などにも用いられるとされています。

しかし、こちらの薬ですが、咳に効く薬として使われることも多いのですが、副作用というものもありますので、こうした副作用があることを頭に入れておかないと副作用があり、大変な事態になることもあるようです。

心悸亢進、顔面蒼白、頭痛、熱感などの副作用に注意

こちらのメチルエフェドリンの副作用としては、心悸亢進、さらには顔面蒼白、頭痛、熱感などがあげられます。
薬を飲んで、頭痛がしたりする場合は、こうした副作用によるものだと考えられます。

さらには、不眠だったり、めまい、眠気、疲労、悪心だったり、さらには食欲不振、腹部膨満感、発疹、口渇などが報告されているようです。

ですので、咳を止めるために薬をしようしたことで、こうした副作用で辛くなってしまうケースも見受けられるようです。

こうした副作用が合った場合は、ただちに医師の診察を受け、そして指示を仰ぐことをおすすめしたいと思います。

さらには、ある種の薬と並行して飲んだりすると、不整脈などの症状が現れるというケースもありますので、注意が必要となります。

いかがでしたか?

こちらのメチルエフェドリンは咳を静める薬としてよく処方される薬であり、危険がなさそうに思えますし、さらには一見便利な薬とされていても、このように副作用がたくさんあるというケースもありますので、薬剤師の説明を聞き、そして用法、容量を守るように努めてください。

さらには乳幼児の手の届かない場所に保存しておくということが大切となります。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top