トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

腸内細菌はうつ病を治す!その理由とメカニズム

スポンサードリンク

いまや現代病となっているうつ病、このうつ病で悩まされている方は多いと思います。

こうしたうつ病は、割と繰り返す病気だといわれていて、治癒することもありますが、またストレスにさらされるとうつ病が再発してしまったり抑うつ状態となることも多いようです。

現代はストレス社会ですので、ストレスなしの生活というものはありえません。
なので、こうしたうつ病をできるだけ自然に治し、できるだけ発症しない体になりたいですよね。
そこで、今はなんと腸内細菌がうつ病を治すといわれています。

85446af38239f6512842ed4d553f9d70_s

そこで、この腸内細菌がうつ病を治すその理由、そしてメカニズムについてご紹介したいと思います。ぜひ頭に入れておいてくださいね。

うつ病は胃腸の状態によって引き起こされる

うつ病というのは、精神的な問題と思われていると思いますが、実は胃腸の状態によって引き起こされている可能性もあると今は言われています。

うつ病の原因ですが、どういったことが原因なのかといいますと、セロトニンという物質がほとんど脳内に存在しないことによって、引き起こされているといわれています。

うつ病の原因物質セロトニンの90%は腸に存在する

今までは脳に原因があるといわれていましたが、しかし、人の体において、セロトニンの90%がなんと腸に存在するといわれており、なんと、脳の中のセロトニンはわずか2%にすぎないとわかっています。

セロトニンという物質は、トリプトファンから5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)という物質に代えられ、腸内細菌により脳内に送られます。

歓喜や快楽を伝え、そして幸せを感じるという脳内物質であり、人間の精神活動などに大きく関与しています。

こちらの腸内細菌が存在しないと、セロトニンを合成するためなどのビタミンが不足しますので、セロトニンなどの脳内物質を作り出すということが出来なくなります。

脳が腸をコントロールしているのではなく、実は腸が脳をコントロールしている、と言われています。

それは、脳を動かしている「神経伝達物質」という物質のもとを作っているのが、腸だからなんです。

ですので、この「腸内細菌」が脳の中の、いろいろな神経伝達物質の元などを作っているということがだんだんわかってきました。

ですので、最近の研究では、胃の不調だったり、腸内細菌などがうつ病や不安神経症といった病気を促している可能性のあるということが、少なくともマウスの実験で分かっているそうです。

なんと、100%ではありませんが、10人中に3人ほどは治っていくケースというのが出てくるほどだそうです。

腸を健康にするとうつ病が改善する

腸を健康にすることでうつ病が改善するといった可能性があるようですね。

腸のなかには90%で、そして 脳にはたった2%という比率になっていますので、その2%のセロトニンが少なくなると、うつ病になるということだそうです。

ですので、腸内細菌を退治し、腸内環境をよくすることによってうつ病というのは撃退できるといわれています。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top